4.gif (787 バイト) 読書…小説・その他(56)4.gif (787 バイト)






死神の浮力
 

 面白かったです!最後の爽快感たるや!

 「死神の精度」の続編です。しかも前作とは異なり長編です。

 その人間が死ぬべきか否かを判定する、ちょっと変な死神「千葉」。今回の監視対象は、娘を殺された夫婦。しかしその夫婦は、犯人への復讐を企んでいた……。

 そもそもの背景が重苦しいうえに、本当に憎らしい登場人物もいて、「あーこれどうなるのー?もう最後は確定なのー?」って悶々としながら読み進めてしまいました。なのに最後はとてもいい感じ!どこか常識から外れている千葉の振る舞いとか、クールさとかも良いですね!前作のファンであればせひ!

 

パインズ 美しき地獄
 

 序盤の話への引きこまれっぷりが半端ない!

 男が目を醒ますと、そこは見知らぬ土地の川沿いだった。病院で少しずつ記憶が戻るが、街を出ることはおろか、外部への連絡もできない。次第に周囲への不信感をつのらせた男は――。

 男と周囲の人たちのギャップが、最初すんごい怖いんですよ。「もしかして狂っているのは自分なのか?」と思わせる感じ。それがずっと続いて、しかも意味がわからなくて……最後に「うおー!」ってなる感じ。 

 Amazonの評価は割れてますが、私は好きでした!衝撃を受けた!

君の膵臓をたべたい
 

 ( ゚д゚)はい泣いたー!おじさん総武線で泣いたー!

 物騒なタイトルにそぐわず、病気で余命いくばくもないクラスメイトと、他人に興味のない主人公との不思議な交流です。まーあれですね、ろじぱら読者に伝わる言い方をしますと、

   「加奈 〜いもうと〜 で泣いた人は読んで」

 ですね。伝わらないよ!いまの人にはまったく伝わらないよ!!

 セリフの言い回しなどはライトノベルっぽい雰囲気です。私は泣いたよ!泣けたよ!!

キングを探せ
 

 「このミス」2013年版8位の作品!動機やアリバイの面から、当人が容疑者になりにくいとされる交換殺人。その交換殺人を、なんと4人で回すという四重交換殺人がこの作品のテーマです。

 冒頭、ターゲットを交換しあうシーンが非常にゾクゾクきましたね。殺人という重い罪を背負うなずなのに、どことなく軽い感じがにじみ出ていて。

 そして、「とあること」から計画が徐々に綻んでいくんですが、その露見の仕方も面白いなぁ、と。楽しませていただきました!