よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

空港から港に向かう前に、行くぜ!!ウシュアイア観光!!

 

 

先住民が「湾の終わり」という意味で呼んだウシュアイアは、世界最南端の都市です。聞くところによると、町・村レベルならば、チリ側にもっと南の居住地があるのですが、都市レベルだとここが最南端だとか。

「都市の定義、とは?」

と、七面倒臭いことを考えそうになりますが、まあいいじゃない!こういうのって言ったもん勝ちだし!「日本のへそ」が6箇所あるのと同じでしょ!?(※たぶん違います)

 

ティエラ・デル・フエゴ国立公園

チリとアルゼンチン、両国にまたがる雄大な国立公園。

チケットを買って入場!

景色がとても良い!!

ティエラ・デル・フエゴを360°動画で見ると、こんな感じです。

 

世界の果ての郵便局

公園近くには、世界最南端の郵便局がありました。日本へ手紙を送れます。スタンプも押せますよ!お土産も売っていました。

ブエノスアイレスまで3,040km、南極点まで3,945km!これは高ぶる!!

世界の果ての郵便局、の360°動画!

 

世界の果ての鉄道(南フエゴ鉄道)

かつて囚人が切った木を、街へ運搬するため建設された鉄道。世界最南端の駅です。駅舎の中にはお土産屋もあります。

 

パン・アメリカンハイウェイの南の終点

はるか北、アラスカから延びるハイウェイの終点がここになります。

「アラスカまで17,848km」の記載がちょっとエモい!

 

ウシュアイア市内

ウシュアイアはかつての囚人の流刑地ということで、観光的にわりと囚人推しです。町中にちょくちょく囚人さんいらっしゃいます。ガイドのかわいい女性が、横縞の囚人服でふつーに案内しています。

ウシュアイアの看板

さあインスタ勢よ!ここで撮影だ!と言わんばかりの看板。

 

世界最南端の到達証明書(観光案内所)

観光案内所でパスポートを見せれば、世界最南端への証明書が無料でもらえますよ!名前を書いてくれます!

 

お土産屋(チョコレート屋)

ウシュアイア名物のひとつにチョコレートがあります。市内に何箇所かカフェ併設のチョコレート屋さんがあり、お土産を買うことができます。店名は忘れた!

 

高台

改装中のホテルがある高台です。市内を一望できます。

高台から見たウシュアイアの360°動画!

 

ほかにも「世界の果ての博物館」「カニが美味しいレストラン」などありましたが、時間的に回りきれませんでした!南極ツアーの拠点ともあって、冒険の始まりを予感させる高揚感に溢れた、素敵な町でしたよー!

 

……と、ひとしきりウシュアイアを観光したところで、いよいよ港へ。

 

 

我々を南極へと運んでくれるクルーズ船が見えてきました!

いよいよ乗船です!!

 

【おまけ】

我々が乗る船の前に、ナショナル・ジオグラフィックの船が停まってて、そっちでめちゃめちゃテンションが上がりました かっこいいー!( ゚Д゚)

 

 

その13へ続く。

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

ブエノスアイレスの夜は何事もなく過ぎ……ない!ぜんぜん無事じゃない!

しっかり時差ボケにやられ、あれほど疲れていたのに午前1時ぐらいに目覚め、もー!もー!眠れなーい!とベッドをごろんごろん転がって時間を潰す羽目に。

よく考えると、16日間の旅程の大半で、寝るのは船か飛行機の上なんですよ。揺れない大地で眠れるのは、16日間中2日だけ。往復のブエノスアイレス宿泊のみです。

そう思えば、この貴重な夜、たっぷりと寝ておけ…‥ない!眠れない!無理ー!(ごろんごろん)

そんなオッサンのローリングなどおかまいなしに、朝がやってきました。眠りは浅いものの、数日ぶりに足を伸ばせて休めました!体力も回復!

 

そして最果ての町へ

本日は、ブエノスイレスの空港に戻り、そこからクルーズ船のある最果ての町・ウシュアイアに飛びます。

最果ての町!寂寥感のある風景が好きな私にとって、性癖に刺さりまくるフレーズですよ!これは楽しみだ!

ちなみに、本日の飛行時間は、

 

4時間。

 

 

 

雑魚がッ!!!( ゚д゚)、ペッ

 

10時間+12時間を経験した私にとって、4時間なんて児戯に等しいプレイ。だって四捨五入したら0時間ですよ?「たかだか4時間で私を倒そうとは、舐められたものですね」と脳内フリーザ様も高笑い。

よりもいで結月が「もしかして私たち、ちょっぴり強くなりました?」と言った気持ち、いまなら分かる……!私、この旅を経て、明らかに強くなってる……!まだ往路だけど……!南極に着いてすらいないけど……!

 

ブエノスアイレス―ウシュアイア(4時間)

成田 → ロサンゼルス → ブエノスアイレス → ウシュアイア → 南極

ブエノスアイレス―ウシュアイア間の飛行機は、今回のツアーのチャーター機です。乗客はみんなツアー参加者。それだけでもだいぶ気楽です。

そして、何度も言いますけど、飛行時間はたったの4時間!時差もない!前日は足を伸ばして寝られた!これをイージーモードと言わずになんと言いましょうか。大丈夫?神様が難易度調整を間違ってない?バランスを取るために途中で墜落とかしない?

さあ、レッツフライト!

お昼は、ブエノスアイレスで作ってもらったという助六寿司を機内で食します。素朴ながら久しぶりの日本の味、まぁ美味しいこと美味しいこと!やるじゃない阪急交通社

体力の回復、そして何より南極に近づいているという高揚感。飛行機から見下ろす風景からは、文明の影響がどんどん薄くなっていくのが分かります。まさに「極地に近づいている」感があって素敵!

 

そんなわけで、あっという間に、

ウシュアイア空港に到着!

 


 

ここが最果ての町・ウシュアイア!!

 

 

たしかに景色も最果て感がある!

「ここから南には、もう町がない

という事実、ギュンギュンきます!

この感覚、ドラえもんの「天の川鉄道の夜」を読んだときの気持ちに近いことに気付きました。宇宙の果て、ハテノ星雲の描写。幼少期に読んだのに、いまでも鮮明に覚えています。

思えば、文明のない世界への憧れは、あのとき芽生えたのかもしれません。

 

ドラえもん 20巻「天の川鉄道の夜」

 

そしてウシュアイア、南半球で真夏なのに、緯度が高いため肌寒い!出発地のブエノスアイレスと比較すると、

ブエノスアイレス  30℃

ウシュアイア 12℃

寒・暖・差!4時間で-18℃のフリーフォール。暑かったり寒かったり忙しいな!キャリーケースからダウンを引っ張り出して着込みます。

 

ちなみに、よりもいで南極までの距離を

「日本から1万4000km」

と言っていますが、ここウシュアイアに来るまでで2万1000kmを突破しています。遠いね!何度も言うけど南極、遠いね!

 

空港からはバスに乗り込み、ここからウシュアイア観光です!

 

 

その12へ続く。

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

ブエノスアイレスの夜はふけて、ホテルのレストランで夕食となりました。

ここで初めて、今回のツアー参加者が一堂に会することになります。南極ツアーも知らないことだらけですが、南極ツアー参加者もまた、ぜんぜん想像がつきません。周りにいないもの。南極にいった人。

今回は、私が見た南極ツアーの参加者像をお伝えいたします。

南極ツアー参加者ってどんな人?

年齢層

ツアー説明会の印象と同じように、世代的には60代~70代が多いように見えます。私の親の世代、といったところでしょうか。この中に混じったら、私なんてかなりの若輩者ですよ。

ご夫婦(と思われる)が多いですが、親子で参加されている方、姉妹で参加されている方も。

「もうねー、この歳になると、旦那と旅行なんて出来ないのよー!」

と言われたら、「アッハイ」と応えつつ遠い目になるよね!

 

意外だったのが、単独参加の人の多さ。感覚的には2割~3割は単独参加でした。

70代、もしかしたら80代の御婦人も単独参加されていて、尊敬と頼もしさがすごい。この御年になっても、杖を使いながら、一人で南極に冒険しようとする姿勢!私が同じ歳になったとき、果たしてそんなエネルギーはあるだろうか?見習いたい……!

単独参加の男性もけっこういましてね。この方はどういう背景があって、南極ツアーに参加したのか……。もしかしたら奥様に先立たれ、何か特別な想いがあって参加しているのかな……などと妄想していたんですが、

男性:「まあね、何が解らんてね、一番解らないのはヨメさんの心ですわ!ガハハハハハ!」

と言ってて「奥さんいるんですか」「その奥さんはどうしたんですか」「むしろ何があったんですか」みたいな疑問が!でもそういうの詮索するの良くない!良くないけど!気になる!!

逆に、20代中盤ぐらいの単独女子もいて、ほんと何があったのー!?どういう経緯で南極に行くのー?!おじさん気になるー!!(詮索はしてません)(アルゼンチンで逮捕されたくないため)

参加者の社交性

また、みなさん、ほんといい人ばかり。クルージング説明のときに聞いた

「こういうツアーに参加する人は、みんなちゃんとしている

を実感させられましたね!みなさん朗らか!社交的!私のような若輩者にも丁寧!無理だよー!おじさん平民だから、この雰囲気に馴染めないよー!!

横に座ったご夫婦に声をかけて頂いたんですけど、

旦那さん「1980年代に、ニューヨークに11年駐在していて、いろんなところに旅行したんですよ」

 

なるほど、バブル絶頂期の80年代に、あのニューヨークにおられたと。

 

 

それ、超エリートじゃないスか?

 

ナチュラルに語尾が卑屈になってるんスけど、それ、超優秀なジャパニーズ・サラリーマンじゃーん!エリートじゃーん!出世コース乗ってた人じゃーん!な、なんかアッシのようなヒラリーマンが同席してすいません、って表情が固まるわ!

で、奥様も当然のごとく気品があって、英語が堪能で、社交的なんですよ。完璧か!

奥様「お若いのに、二週間もお休み取るの、大変じゃなかったですか?もしかして、経営者の方ですか?

 

 

 

それではここで、僕のオリジナルソング、聞いてください。

「窓際だから仕事がないだけです」

 

旅行経験

そして、これも当然ながら、みなさん旅行に慣れてる。

クルージングに参加したことある方、手をあげてくださいーってアンケートに、9割5部の人が挙手するんですよ!皆さん、当たりまえのように経験者。むしろ、さまざまなクルージングを味わい尽くし、最終的に到達したのが南極、って雰囲気。

 

初めてで、来ちゃったなー。

 

Lv1で外に出たらドラゴンの巣窟でした、みたいな場違い感が半端ないわけです。「ここはまだ早いぜ、ボウヤ」ってカウンターでテキーラ飲んでる男に諭される場面ですよ。ミルク出されるよ。

だって、世界一周した人がゴロゴロいるんですよ!?「ナイル川のクルージングはどの業者が良いか」みたいな話を肴に無言で飲んでると、ほんとビールが進むね!!もう対抗できるのが酒量ぐらいしかないね!飲む!一杯$6のビールを飲む!

旦那さん「あの、だいぶ満足したので、私のビール、よろしければいかがですか?」

 

完敗ですわー!!(でもビールはもらう)

 

 

ちなみに、レストランだけでは満足せず、許可もらって部屋にワインを持って帰りました。$5でした。ウェイターがなみなみと注いでくれたのは、同情からではないと信じたい。

 

その11へ続く。