ゲーム

まったく、とんでもないゲームが世に出たものです。というか、「そもそもこれはゲームなのか?」という哲学的な問いに浸らせてくれる、そんな不思議なアプリがSteamで発売されています。その名も!

「One Dollar Simulator」

興味が湧いて、Steamの説明を読んだのですが、

「あなたのドル札は逃げないですし、誰も盗みません。いつも同じ場所であなたを待っています!」

「いつも同じ場所であなたを待っています!」

正直、1ドル札と待ち合わせした覚えはないですし、ゲームとしては、少しは変化があってほしい。

 

あなたは1ドルの全力を感じたいですか?自分で1ドルになりたいですか?

「自分で1ドルになりたいですか?」

深い。一瞬「あれ?そういえば子供の頃、なりたかったかも……」って思っちゃう。

 

価格はたったの100円!ジュース1本より安い!おそらく米国だと1ドルであろうことから、現在のドルレートだと10円ぐらい得してるね!やったね!

それでは、実際にプレイしてみましょう!

プレイ画面

起動すると、そこは森の中。

中央に岩があり、そこに石で挟まれた1ドル札が、風にたなびいています。

マウスを移動すると、いろんな角度で1ドルを見ることができます。

マウスホイールで拡大することも可能。

「Steamに払った1ドルが、そのままこの世界に転送されてきた」という解釈もあるらしく、とにかく、ただ、そこに1ドルがあります。

ちなみに、「W」キーを押すと、1ドルに「なれます」。

石に挟まれた1ドル札の視点で、景色を眺められます。

この世界には、廃屋があり、森があり、

風に揺れてギシギシいいながら、開きそうで開かない小屋があったり、

意味ありげな、古いラジオも置かれています。

耳を澄ますと、この森からは、小鳥のさえずり、風の音、軋む扉の音、そして耳元で飛び回る虫の羽音が聞こえてきます。(゚Д゚)虫、うるせえええええ!気持ち悪いったらありゃしない!

さらに「M」キーを押すと、ラジオから陽気な音楽が流れ始めます。

無人の大自然のなか、うっすらと響き渡る音楽。

それとは関係なく、風に揺れ続ける1ドル札。

 

 

 

 


制作・著作
━━━━━
ⓃⒽⓀ

 

 

 

 

いやいやいや。

 

いやいやいやいや。

 

え?これでほんとに終わり??(※本当に終わりです)

 

 

 

 

One Dollar Simulator 攻略ヒント

さあ、それではこのゲームを攻略してみましょう!

「こんなゲームにネタバレも何もあるか、出オチだろ」という声もありましょうが、それでも一応ネタバレっぽいのがあるので、1ドルになりたい人はこの先は見ないでね!あと、なにか情報を知ってる方がいれば教えてください!

攻略といっても、ゲームの目的も何もないので、Steamの実績を埋めることが目標となります。

現在の実績は4つです。(以前は2つでした)

実績1:One Dollar

おそらく、ゲームをプレイするか、1ドルに「なれば」、実績解除じゃないかな?気がついたら解除されてました。

実績2:Secret Wave

ポイントはラジオ、そして岩になる不可思議な文様です。

岩をよーく見てみると、

不可思議な幾何学模様があります。

ははーん、これは鏡文字だな?「E C E」を押してからラジオを聞けば、変化があるやつだ!

……といじってみたけど全く何事もなく、あれ?おかしいなー?と、適当にMキーを押してラジオを聞いていたら、いつのまにか別の音楽が流れて実績解除されました。安西監督……正解が……知りたいです……。

実績3:Bird

さあ、ここからがまったくわからない!ヒントもなにもない!

おそらく、どこかに鳥がいるか、鳥が飛んでくるか、だとは思うのですが。

噂によると、ある特定の時間に関係がある?とか……

実績4:Number

さらにわからないのが、こちら。

実績2で、ラジオから不思議な放送が流れるんです。

「three, nine, seven, one, five」

と、数字を1つづつ、5つ、それを2回、繰り返す放送なんです。

39715
66475
19274
92028
78494
24146
68542
17507
39398
32348
59378
70636

なるほど。わからん。

試しに数字キーを押してみましたが、まったく変化なく。

いったいこれは……?微妙な謎を残してくれるぜ……。

まとめ

というわけで、1ドル分の価値はあるんじゃないかな?というジョークゲームでした。

暇で暇で、ツイッターを5秒に1回リロードするような休日にオススメのアプリですよ!

ゲーム

知人に勧められてハマったゲーム、「オブラ・ディン号の帰還」をご紹介します!

1807年。5年前に消息不明となった商船「オブラ・ディン号」が突如、ファルマス港に帰還する。船はいたるところが損傷しており、乗員は見当たらない。 あなたは保健調査官として船に乗り込み、損害査定書を作成するため、オブラ・ディン号に何があったかを調査する―――。

まず特筆すべきは、この白黒の画面。

2色のモノトーン画像は、まるで昭和のパソコン画面かと思えるほどの、古めかしさを感じさせます。

ちなみにこの色調はオプションで変更できるのですが、

「IBM 8503」

「Macintosh」

「IBM 5151」

……と、往年のパソコンが選び放題です。でも、どれを選んでも2色です。

そこオプションで頑張るところですか。

 

ただ、このモノトーンの雰囲気が、船を探るにつれて見えてくる「異形の怪物」たちの不気味さを引き立ててくれるのですよ!

主人公は、無人となった船を探索していきます。

 

船上では、死体を数体発見できます。

この死体の残留思念を通じ、過去の亡くなった場面を覗き見ることができます。

 

この「死んだ場面を見る能力」を利用し、乗客60人について、「その人が誰で、どうやって死んだか」を推察していくのが、このゲームの目的となります。

乗客名簿に記載されている職業、国籍や、船上スケッチの様子、死亡現場でのセリフや関係性、などから、乗客一人ひとりを推理して絞り込んでいきます。

死亡時、セリフで「○○、危ない!」などと言われてる人は簡単に確定できますが、そうでない人は「この持ち物を持っている、ということは……」「この場面で一緒に居るってことは、この二人は……」「こいつとこいつは確定したから、ってことは残りはあいつだな!」と、推察していくことになります。

名前と死因を3人当てるごとに「デデン!」と音が鳴り、3名分が確定していくシステムがまた秀逸!少しずつ、でも着実に図鑑が確定されていくのが気持ち良いです。

「偽名を使っていた」「別人のアイテムを使っていた」などの変に捻ったトリックはないため、素直にとらえて確定していけば大丈夫です。

ただ、「とある文化の情報・風習を知っていないと確定できない人」が数点あるのだけは引っかかった!あと、大画面でやったほうが気付きやすい情報もある点に注意!私はNintendo Switchの画面でやって、えらい苦労した!

というわけで、推理モノが好きな方にはオススメなゲームでした!

 

「オブラ・ディン号の帰還」 →公式ページ