2010年(12年目)のろじぱらを振り返る

この年の1月に、今や全世界に広がっている「リアル脱出ゲーム」に初めて参加しています!

初参加のときの衝撃たるや、とんでもなかった!これは凄まじいモノが生まれたもんだと興奮したものです。

このとき書いたレポートや、「マジックショーからの脱出」のレポートを読んで、リアル脱出ゲームに興味を持った人がけっこういたようです。そこからSCRAP社に関わっている人もいるそうなんで、「リアル脱出ゲームはワシが育てた」と言っては無視される日々を送っています。恩を!!着せたい!!

 

脱出ゲームをしに京都にいき、そのまま一流ホームページのゴトウさん達と「けいおん!聖地巡礼」をして、まぁ楽しかったこと!聖地巡礼っていいね!聖地巡礼っていいよね!!!(※フラグです)

そして、「うちらも脱出ゲーム作りたいね!やりたいね!」という流れから、最初の脱出ゲーム「ヘンタイからの脱出」を開催。よくこのタイトル通したな。怖いものないのか。いま考えると荒削りすぎる内容でしたが、まー楽しかったこと!来てくださった方には感謝しかない!

 

 

ちなみに世間はデフレまっしぐら。こんな広告が出てた時期でした。

お仕事的にはこの年、”ヤングアニマル嵐”に掲載されている後藤羽矢子先生の漫画「へべれけ恋バナ相談室」のコラムを書かせていただいてます。インタビューして、そのテーマをもとにコラムを書くのは、大変でしたけど楽しかったです!