僕は八角を知らない

急にチャーシューが作りたくなりました。

ふふ、男の子って、そういうところ、あるよね。(上目遣い)

 

さっそくレシピを確認し、材料リストをメモして、近所のスーパーへ。

この豚野郎め!!と罵りながら豚肩ロースブロックをカゴに入れ、長ネギを入れ、と順調に材料をチョイスしていたワタナベさん。

ところが材料リストに、とある文言を見つけ、刹那!動きが!止まる!

 

八角

 

八角って、何かね?(北の国からの菅原文太顔)

 

いや、正直言って、八角がどういうものかは知っている。中華料理に使われがちな、香りがいい、なんか、そんな感じの材料なんでしょ?私が何も知らない、うぶな少女だって思わないでよねっ!

私が知りたいのは、八角とは、野菜なのか?香辛料なのか?それとも生物なのか?

これがわからないと、スーパーで探しようがない。

八角という名のとおり、「星型をしている」ということは知っている。しかしそれは、オクラみたいな星型の野菜を輪切りしたものなのか、それともそのままの形で「生えて」いるのか。もしかしたら……海岸の岩に張り付いた、貝みたいな生物の可能性もあるぞ……。

 

しかし、私も歳を重ね、あるスキルを見つけています。

「知らないことは恥も外聞もなく店員さんに聞け」スキルであります!

さっそく近くにいた、初老の店員さんに聞いてやりましたよ。流暢な日本語でね。

 

ワタナベ「あ、あのっ、は、八角って、どこにありますか?」

店員A「八角!あー、たぶん野菜コーナーだと思うんだけど、ちょっと待ってくださいね……」 

 

他の店員を探しに行く店員A。ついていく私。

 

店員A「あの、八角ってどこにあります?」

店員B「ア、スイマセン、私解ラナイデス」

店員A「あーそうですか、困ったなー、まいったなー……」

ワタナベ「あ、なんかすいません、もう大丈夫です、自分で探します……

 

結局、八角がなにかわからぬまま、帰宅しましたとさ。

つまり、今日の日想は何が言いたいかというと、

 

八角を

知らないことが

発覚

しちゃった

なー

 

 

 

 

 

八角って、何かね?(ダメ押しの菅原文太顔)