高知のおきゃく祭りに行ってきました

おきゃく祭りに行ってきました!

おきゃくとは土佐弁で宴会のこと。 土佐の「おきゃく」は、土佐の酒の神様「べろべろの神様」に見守られて、酒食を味わい酒文化に浸る、年に一度の大きなお祭りです。 皆さんもご一緒に、酒国 高知でおきゃくしましょう。

http://www.tosa-okyaku.com/

よりによって激しい酒席で知られる高知で、お酒のイベント。これはウコン錠を片手に行かざるをえません。春を迎える酒を飲んできました!

メイン会場におわすは、土佐の酒の神「べろべろの神様」。

「このデザインはいいんですか、とくに股間の」と疑念がわいてきますが、そこをスルーして、さっそく旅(酒)の安全を祈願します。

会場には屋台が多数あるのですが、とにかく安い!ビール500円!やきそば300円!東京の日比谷公園のイベントだったら倍はしますよ!

こちら、焼き貝2枚に、お酒が6杯ついて500円という安心価格!

飲む!飲む!飲む!

おきゃく祭り、メイン会場の他にも商店街・ひろめ市場・競馬場に至るまで、さまざまなイベントをやっていました。

商店街のアーケードには、座敷やこたつが置かれ、そこでも飲める!

ひろめ市場は当然のごとく飲める!

というわけで、

飲んで、

飲んで、

飲んで、

飲んできましたー!楽しかった!酔った!

おきゃく祭り、どこを見てもお酒なんですが、ヨーヨー釣りの要領で酒が釣り放題だったところ、最高でした!肝臓を捧げよ!(進撃の巨人風)