男三人 グランピング&登山旅(グランピング編)

男三人 グランピング&登山旅(登山編)の続き。

 

秘境「湯桶丸」を踏破した我々は、今夜の宿へと戻りました。

本日のお宿は、なんとグランピングです!あの手ぶらでもイケるという、グラマラス×キャンピングことグランピング!きっと、ムーディーな夜になることでしょう……(※男性3人で泊まります)

泊まる場所はこちら!

「CAMP PARK KITO」です!

 

よくここにこんな施設を作れたな、ってぐらいの山奥。

カーナビ通りに行くと、通行止めのルートを提示されます。だいぶ混乱したわ!

行く方は、公式サイトの「全面通行止めのお知らせ」「道路案内」を読んで行ってくれよな!

 

キャンプサイト到着

さてさて、多少の右往左往(迷子)を経て、なんとかキャンプサイトに着いた我々を迎えたのは!

小綺麗でおしゃれな管理棟!

そこに続くおしゃれなカフェ&レストラン!

 

すぐそばには美しい小川が流れており、

 

別棟には露天風呂も完備!

 

リバーサイドに連なる近代的な造形のテント!

テントの前面はガラスで覆われており、景色も見事!

 

テントの中はエアコン・ストーブはもちろん、冷蔵庫まで完備!

なんとWi-Fiも通ってるよ!

 

グランピング、すげー!!!(゚Д゚)

別棟のトイレには、ウオッシュレットどころか暖房が効いていて、テントの鍵がディンプルキーだったときは本当にどうしようかと思った。

私、ちょっとグランピングのグラマラスさを舐めてた。これは叶姉妹ぐらいのグラマラスさ、ある。

こいつぁステキな夜になりそうだぜ……(※男性3人で泊まります)

 

バーベキューのはじまり

露天風呂に入ったり、ベッドでゴロゴロして登山の疲れを癒やしたりしてたら、あっという間に夜。

楽しい楽しい、BBQとキャンプファイヤーの時間ですよ!

もちろんここはグランピング。食材も、ビールも、全部用意されています!グラマラーーース!!!!

まずは3人でカンパーイ!登山お疲れ様でした!(≧▽≦)ノシ

お肉・野菜はもちろん、美味しいカレーまであります!ご飯をよそって、BBQしながらカレーです!

あ゛ー最高だわー!(≧▽≦)

肉も酒も美味すぎるわー!(≧▽≦)

 

キャンプ ファイヤーでの告白

腹を満たした我々3人は、続いてキャンプファイヤーに向かいます。

こちらのサイト、客ごとにキャンプファイヤーを組んでくれるそうですよ!一組3,000円。

我々はただ火をつけるだけ!そりゃやりますよ!グラマラス!!!

夜も深まり、気温も下がってきました。

キャンプファイヤーの近くに椅子を置き、サカイさんゴトウさんと酒を飲みながら語らいます。

普段は恥ずかしくて言えないことも、キャンプファイヤーの火を見ながらだと、なんだか素直になって話せること、ありますよね……。

あれ、この感じ、ちょっと良いんじゃない?

アウトドアの格好で、満天の星空の下、爆ぜる焚き火に照らされながら、男性3人が酒を傾ける……。

ちょっといい雰囲気出てるじゃない……。

なんかこう、C・W・ニコルに通ずる、大自然と中年のかっこよさ、出てるね……。

 

ゴトウ「そう言えばこのあいだ、思い立って、日暮里のク○ニ風俗に行ったんスよ

 

C・W・ニコルに謝れ。

 

 

 

 

 

 

えっ何?何を言ってるの?????

「焚き火の前で素直になる」って、そういうことじゃなくない???

 

 

 

 

 

 

マジで何を言ってるのこの人??(2回目)

 

  

 

詳細は、ゴトウさんが何らかの形で書いてくれると思うので割愛しますが、

  • 日暮里のクン○風俗に行ったら、高得点(とても上手)と言われた
  • この才能を埋もれさせておくのは、人類の損失だと思う

 

 

それを我々に言われても。

 

 

まあいいです。

百歩譲って、その情報は事実でしょうし、それは確かに人類の損失かもしれません。だけどね、

今言う????それ、今言うべきこと????

 

完全に同感

 

そんなわけで、翌日、我々は軽い二日酔いに苦しめられましたとさ。

満天の星空はきれいでしたよ(話題は汚かったけど)

ー完ー

 

私信:とても楽しかったです!また行きましょう!