数千枚のエロDVDを10年かけて見尽くした話

これは、決して誇らしいことではないのかもしれない。

胸を張って言うことではないのかもしれない。

しかし、私は戦ったのだ。10年間、一人で戦ったのだ。

その証をここに刻もうと思う―――。

 

きっかけ

ことの始まりは、10年前。

1通のメールが、ろじぱら読者から送られてきた。

汁男優をやっている者です。

震災を契機に、自分の人生を見直すべく、所蔵しているエロDVDを処分しようと思っています。

つきましてはワタナベさん、このエロDVD、いりませんか?

 

圧倒的な情報過多である。

「何があった」「どうしてそうなった」「何故私に声をかけた」など湯水のように疑問が湧き上がったが、私は冷静に、何食わぬ顔で言ってやったね。

「ください!!!!!!!!」

 

かくして住所のやり取りを経て、郵送で届きました、エロDVD。

 

抜 身 の D V D が、

隙 間 な く み っ ち り 詰 ま っ た

重 す ぎ る み か ん 箱 が 到 着

 

 

 

そ れ が 数 箱 。

 

 

多い!!さすがに多すぎる!!

裏ビデオ業者だってこんなに持ってない!!

 

しかし、「DVDが欲しい」と言ったのは私である。これはすべて私の責任。

しかも送ってくれた読者(汁男優)は、自らの人生を変えるべく、これを私に託したのだ。

きっと葛藤もあっただろう。自らの青春を思い出し、泣きながらDVDを詰めたのかもしれない。

ぞんざいに扱っていいわけがない!

 

これは、供養だ。

このDVDは、きっちり供養しなければならない。

内容を見ずに、ジャケットだけで判断して捨てるなど、あってはならない!

すべてを見てやる!見てから処分してやる!!!!!

 

「エロDVD数千枚をすべて見る」

ここに、誰にも頼らない、俺だけの戦いが始まったのである………

 

俺の戦い

かくして戦端は開かれた。

みかん箱からDVDの束を鷲掴みにし、一枚ずつDVDトレイに差し込み、内容を確認していく。

孤独な戦いである。

 

そして、エロDVDを見るためには、ある程度の「テンション」も必要である。

内容がマッチして、バニって(バーニング)しまった場合、その日の戦いはそこで終わり。

賢者タイムに見るエロDVDほど、苦痛なものはない。

ましてや、エロい気分じゃないのにエロDVDを見るなど、ただの作業である。

それではこのDVDに込められた想いは昇華されないだろう。

あくまでエロい気持ちで、エロDVDを見る。これこそが供養であり、礼儀である。

 

日々、少しずつ、DVDを見ていく。

数回行った引っ越しにも、謎の激重みかん箱はついてまわり、引越し業者の腰を痛めていった。

少しずつ、少しずつ。

数年かけて、みかん箱1箱目をクリアし、2箱目に。

少しずつ、少しずつ。

世間が移ろい、女性のメイクも変化し、出演女優の顔に「時代」を感じるようになった。

 

そんな日々を送り、10年後。

2021年の11月。

ついに、最後のみかん箱の、最後のDVDを見終えたのである。

 

 

戦いは終わった。

この奮戦は、誰にも褒められないし、誰からも讃えられない。

歴史に残ることもないし、証拠の写真もない。

お金も貰えない。意味などなかったのかもしれない。

だが、俺はやり遂げたのだ!

10年という歳月をかけて、俺は、この戦場を駆け抜けたのだ!

他人から褒められないのが何だ、俺は自分で自分を褒めてやる!認めてやる!

貴様は!!!!!!よく戦った!!!!!!!!!!

 

 

 

10年前にエロDVDを送ってくれた○○○さん、お元気ですか。

私はあなたの想いに応えられたでしょうか。

本当に、本当に、ありがとうございました―――――。

(最後のDVDは、堤さやかでした)