名字問題

 

林さん

森さん

 

は、たくさんいるのに、

 

木さん

 

ほとんどいないの、何故なんでしょう?

 

(1)

「これは、日本の植生が影響してるのではないでしょうか。つまり、一本だけ生えた『木』より、木が群生した『林』や『森』のほうが日本にとって馴染みがあるため、結果、『林』『森』が氏名に多く使われた、と」

「知的!」

(2)

「実は、昔は『木』さんはたくさん居たんです。ですが、木さんが結婚し『木』が結合して『林』さんになっていったので、木さんは減っていったんです」

「いや、じゃあ森さんはどうなの」

「『木』さんと『林』さんが結婚したんじゃないですかね」

「いやそんなドヤ顔で言われても」

 

 

あと離婚したときに揉めそうです。