擬音精舎の鐘の音(ゴーン

日本は、擬声語(オノマトペ)が非常に豊富だそうですね。

オノマトペとは、例えば「会社でギャグを言ったらシーンとなった」とか「誰に話しかけても『フンッ』と鼻であしらわれる」などのように使われるものですね。もうちょっと悲しくない例はなかったのか。

かつて久米田康治先生が、メールを打つ擬態語

「めるめるめるめる」

を生み出していましたが、今日、とある漫画家さんが、スマホをいじる音を

 

「スマスマ」

 

と表現していて、衝撃を受けたのでここにご報告いたします。

 

 

 

 

ちなみに、とあるAVパッケージで、おっぱいを出すシーンを

「ボインッ」

と表現していて、そういうとこだぞ、と思いました。以上です。