共産主義の豚の生姜焼き

今日も今日とて、微塵の精気もない瞳でスーパーを歩いていたら、冷凍食品コーナーに

 

「共産主義の豚の生姜焼き」

 

さすがの私も二度見しましたね。オレでなきゃ見逃しちゃうね。

いやいやいや。さすがにそのワードは強すぎるだろ、と。だいたい共産主義って「豚」って感じがしない。

この資本主義の豚め!だったらしっくりくるし、私もそう言われたら全裸のままひざまずいて服従のポーズをすることもやぶさかではない。半勃ちのまま。むしろ好ましい。半勃ちのまま。

しかし、共産主義の豚、と言われても。なんかやせ細ってる感じしかしない。お嬢さん、もうすこしいい責め句を勉強してもらえないかい?と客の立場から説教したくなる。半勃ちのまま。

 

というわけで、よーく見てみたら、

 

 

 

× 共産主義

○ 国産生姜

 

最近、こういう空目が多いのは何ででしょうね?(ヒント:老化)