「ふしぎな」は魔法の言葉、なのでは

2021年6月16日

フランス語でフランスパン注文 恵比寿のパン店で無料提供企画、語学アプリPR

(≧▽≦)おもしろーい!!

これはいい企画ですね!行ってみたくなりますもの!

 

で、思ったんですけどね。

「フランス語の注文しか受け付けない ふしぎなパン屋」

の「ふしぎな」って部分が、実は重要なのではないか、と。

 

だってこれが、

「フランス語の注文しか受け付けないパン屋」

だったら、なんかちょっといけ好かない感じ、出てきません?

「俺は客に合わせる気はない、ここはフランスだ、フランス語でオーダーを通せ」

という雰囲気、出てきません?そこで何を言ってもぜんぜんオーダーが通らなくて、悲しくて泣いてしまうワタナベさんの姿、想像できません?

これに

「フランス語の注文しか受け付けない ふしぎなパン屋」

と、「ふしぎな」をつけることで、見事に中和されている!不自然なのも仕方がないよね、むしろ物語を感じるよね、という気になる!

 

だから、何でも「ふしぎな」を付けちゃえばいいんですよ(土井善晴先生っぽく)

 

校則を守らない ふしぎな学生

・ウインカーを出さない ふしぎな

・料理がでてこない ふしぎなレストラン

・仕事をしない ふしぎな社会人

・いい歳なのに独身の ふしぎな男

女性用水着を着る ふしぎな男

 

(゚Д゚)全部オッケェェェェェェェ!!!

(後半はふしぎじゃない ふしぎな更新)