グレーの靴下

フライパンとエプロンを買いました。(庶民感あふれる挨拶)

 

ここでエプロンを買ったお店を公表すると、

「ワタナベさんのエプロンって、あのお店のものなの?買わなきゃ!明日買いにいきます!!」

というファンの皆さんが集まりすぎて密になっちゃうので店名は言いませんが(原宿IKEAです)、今日はその流れで、すごく庶民的な話をします。

 

こういうと皆さん驚かれると思うのですが、意外にも私、足が2本あります。

そして更に意外なことに、外に出るときは靴を履くので、靴下も履くんです。

揃えている靴下は基本、黒色です。

これは「ビジネスに使える」「汚れが目立たない」「剛毛すぎるスネ毛が見えても『黒のハイソックスかな?』と誤魔化せる」など、いろんな利点があるんですが、要するに無難だから黒にしている、というだけです。

さらに、黒と同じぐらい無難、むしろ黒より無難 of 無難、ということで、グレーの靴下も使っています。

 

最近気づいたんですが、そのグレーの靴下、よーく見ると、柄が揃ってなかったんです。

柄が違う靴下

 

ここまでだったら、「ああ、違う靴下を組み合わせちゃったか」で終わるんですけど、

私、グレーの靴下、この1組しか持っていないんです。

 

 

 

なんで???

 

 

割と素で「なんで?」ってなった。意味がわからない。

タンスの中を、部屋中を、探しても、グレーの靴下はこの1組のみ。

温泉や人間ドックなど、靴下を脱ぐ場所で、他人の靴下と入れ替わったか?と思うも、そもそも片方だけ他人の靴下と交換されるって、ありそうもない。

 

 

えっ、なんで????

 

 

というわけで、未だに結論が出ていないので、この理由を考えるのを来週までの皆さんの宿題としまーす。宿題の提出がない場合は、「先生のファンが靴下欲しさに、自分の靴下と片方だけ入れ替えた」と思い込むことにしまーす。今日の授業は以上でーす。