カーテンを洗う

「カーテンを、洗おう。」(東京カレンダーの表紙)

 

ワタナベです。今日は天気が良かったので、唐突に、カーテンを洗おう、と思いました。

カーテン。

常に窓際に垂れ下がり、自宅と外界を隔てる結界として、私のプライバスィーを守ってくれる存在です。

キレイなように見えて、その実、かなり汚れていることでも定評があります。

ホコリや花粉、電灯の紐相手にしたシャドーボクシングの汗、部屋でやったキャンプファイヤーの煙、そういったものを吸い尽くして汚れているわけです。

 

朝は快晴。

天気予報も晴れ。

絶好のカーテン洗日和です。

 

朝からすべてのカーテンを外し、洗濯機をぶん回し、脱水し、ベランダに干します。

さーて、これで一日放置して、乾くのを待つだけだ!!

 

 

 

快晴で、ありえないぐらい部屋が眩しい

 

 

当たり前ですけど、カーテンがないと日光が直射!照らされる顔面と頭皮!でも遮るものがない!今日は在宅勤務!逃げ場がない!!!!!!

 

……結果、帽子をかぶったまま仕事をする男が一人。か、隠してるわけじゃないよ!!!何も隠してないんだから!!!!!!