味がしない

優雅な男の朝は、ドリップコーヒーから始まる。

コーヒーメーカーから抽出されたブラックコーヒーをカップに注ぎ、窓から外を見ながら、ゆっくりと口に含んで、ふと、

 

味がしない

 

あれ?と思い、冷静になって、もう一口。

 

やっぱり味がしない

 

 

 

 

(゚Д゚)あ゛ー!まさか!例の!コロナによる味覚障害か!ついにきてしまったかー!どどどどどうしよう、どこに連絡すればいいんだっけ?まずは熱を計ればいいんだっけ?あばばばば落ち着け落ち着け

と、オトナにあるまじき取り乱し方をしまして、とりあえず冷静になろうと冷蔵庫の麦茶を飲んだら、

ちゃんと味がする

 

 

 

今日の結論は、「いい大人が、金がないからってコーヒー豆をケチるな」です。

薄すぎて、ただの色水だった。アメリカンにもほどがある薄さだった。

それではみなさま、よい週末を。