夏の代打日記を募集中!
テーマは 「コロナの夏 緊張の夏」

へそのごま

へそのごまを、とろうとおもいました。

 

小学生低学年の日記みたいな書き出しで恐縮ですが、小学生でもおっさんでも、へそは汚れるから仕方がない。

みなさんもご存知の通り、へそのごま、扱いがとても難しい。つぶしの効かない中間管理職ぐらいに処遇が難しい。

へそ、普通にシャワー・入浴しても、わりと汚れがたまるものです。

かといって強めに洗うと、お腹が痛くなる。ぽんぽが痛くなる。さすがに40歳をすぎて、へそのごまで腹痛を感じたくはない。同世代の大人が、大切なプレゼンの前に腹痛を訴えたり、重要な取引先への謝罪で胃を痛めたりしている中、へそのごま、て。腹痛にも、もう少し輝かしい腹痛、誇るべき腹痛ってものがあるはずだ。

 

へそのごま、へそに化粧水や乳液を垂らし、2~3分ほど放置し、綿棒で丁寧に掃除すると、綺麗になります。

普段はこの手法なのですが、あいにく今日は、化粧水も乳液もない。

そこで思い立ったのが、我が家にある、

ナノスチーマー。蒸気を噴霧するナイスアイテムです。

この蒸気をへそに当てれば、ふやけて綺麗に拭けるんじゃないか?

 

さっそくスチーマーに水を入れ、机に置き、蒸気噴出をセット。

その前にたちはだかり、パンツを少しおろし、シャツをすこし上げて、蒸気をへそに当てます。

 

コォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(蒸気)

 

 

……………………。

 

 

おれはこの歳になって何をやってるんだろう(半裸)

 

 

あ、へそは綺麗になりました。よっこのヘソイケメンめ!!!