最近のTVは胃もたれする

チャンネルを回してたら(チャンネルを回す、って表現がすでに死語ですけど)、「鉄道ひとり旅」って番組をやっていたんです。

鉄道好きが普通の鉄道に乗って、降りたり降りなかったりする番組。

番組紹介では「何かが起こるかもしれない」って書いてるんですけど、ほとんど何も起こらない。

 

でも、この感じ、良い。

 

 

さっきチャンネルを回してたら(何度でも言いますけど最近チャンネル回しませんよね)、居酒屋を紹介する番組をやっていたんです。

飲み好きのおっちゃんが、ちょっと地方の街を歩き、居酒屋に入り、そこの店主と話しながら飲む。ただそれだけ。

 

とても、良い。

 

どの番組も、「起承転結がまったくない」「テンションの盛り上がりが皆無」といった特徴があるんですが、それがこのご時世にとても心地よい。

そう、もう我々は過剰な番組で胃もたれするんですよ……!5時間煮込んだお粥しか受け付けない身体になってるんだよ……!というわけでTV業界の皆様は、「ただじゃれあう猫を映す番組」とかお願いします……!流動食みたいなTVを……!減塩しすぎて味わかんねぇな、って番組を……どうか……。