リアル脱出ゲーム「閉ざされた雪山からの脱出」に行ってきました

「閉ざされた雪山からの脱出」に参加することになりました。

原宿で行われるこのイベントについて、一言、言っておきたい。

 

「山をなめるな」と。

 

山の遭難は、「計画段階ですでに遭難していた」と言われるぐらい、事前準備は大切です。

ましてや我々が挑むのは、冬の雪山。

登山の上級者であっても過酷なこの環境において、我々など油断したらひとたまりもありませんよ!

いいか、もう一度言うぞ。

 

「山をなめるな」と。

 

このゲームは4人チーム戦。

チームメンバー全員で「山をなめるな」と言い合い、お互いの気持ちを引き締めあって、当日に臨みました。

私も万全の体制で、メンバーと合流したわけです。

その結果、

 

 

 

 

ニット帽、サングラス、ネックウォーマー、ウインドブレーカー、登山パンツ、登山靴、リュック、ランタンという完璧な装備だったのに、チームメンバーは遠巻きに見つめるだけで合流してくれません

 

 

あと、会場で早々に靴を脱がされ、ただずっと邪魔な荷物と化してました

スタッフからも怪訝な顔されました