自慢したいけど自慢できないこと

一週間ほど前、帯状疱疹になりました。

「帯状疱疹」という文字面だけ見ると、まるで治療方法のない難病奇病、1時間後にはゾンビ化するようなイメージを持たれるかもしれまんが、早期に薬飲んでればわりと治る病気です。

半身に赤い発疹が出た瞬間、「秒速で1億円稼ぐ」と同じスピードで「秒速で医者に行く」ことでお馴染みのワタナベ、すぐ皮膚科に飛び込み、秒で「帯状疱疹だね」と診断され、即・薬をもらいました。

おかげで回復しまして、発疹も治まり、カサブタになりつつあります。

といいつつ、まだまだ発疹跡はあり、ただでさえ見苦しいワガママボディがさらに人前に晒せない状態になってます。このままじゃ、グラビア撮影に挑めない。監督に怒られちゃう。

……などと思いつつ、風呂上がりにカサブタをこすったら、

ペロン

とキレイに向けて、下から新しい肌が出てきて、

 

 

(゚Д゚)きっもちいいーーーーーーーーー!!

 

 

この「かさぶたペロン感」がたまらなく気持ちいいんですけど、他の人に自慢できないんですよね。ちょっと汚いし。カサブタだし。ワガママボディだし。でも、世の中にそういうフェチの人、居ますよね。鼻の角栓とか。毛抜きの毛根とか。ワガママボディとか。

だから、今日の更新でみなさんに自慢したわけです!写真を載せなかったことに安堵するがいいさ!(私のワガママボディ・裸を)