2019.03.04の日想

髪を切りにいきました。

「美容師さんに髪をオーダーする」という行為にとてつもないストレスを感じる私は、いつも美容師さんにお任せです。一任です。「やってみなはれ」の精神でいままで生きてきたのですが、今日の美容師さんからのオファーはすごかった。

 

「髪の色にピンクを入れてみませんか?」

 

ピンク。

40すぎのオッサンが、ピンク。

 

私がプリキュアであったならば、「これは……主人公格のカラー!!」と喜んだことでしょう。なんならちょっと変身してた。

また、もっと年をとって60歳ぐらいであれば、「関西のおばちゃんにこういうの居るよね、もしくは志茂田景樹ファンかな?」と、なくはない雰囲気になったかもしれません。

しかし。私はふつーのサラリーマン。しかもプリキュアじゃない。

ピンクはさすがに無理だ。

なので、私はその美容師さんに言ってやりましたよ!!

 

 

「アッハイ」

 

  

それから鏡を見ていません。