2018.12.02の日記

「焼売と春巻」

という並びから、ある種のエロスを読み取る。