よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

(゚Д゚)いよいよ南極圏5日目ー!

すなわち、南極観光の最終日!そろそろサライが流れ始める時間帯!徳さんも涙ぐんでる!

かー!

えー!

りー!

たくないー!!!!!!(全力で床を転がる)

いよいよ本格的に駄々をこね始めた42歳を乗せて、クルーズ船は5日目午前の上陸地点、ポーレット島へ接岸です!

南極圏5日目 午前 ポーレット島

ポーレット島(Paulet Island)

ウェッデル海の北西に浮かぶ島。溶岩でできている火山島。アデリーペンギンが生息しており、スウェーデン隊が作った石の小屋の跡地がある。

 

以前にも書きましたが、今回の南極クルーズで見られるペンギンは3種類。

そのうちジェンツーペンギンと、アゴヒゲペンギンはたくさん見てきましたが、アデリーペンギンだけはほとんど遭遇しませんでした。

ここポーレット島は、そのアデリーペンギンの営巣地!いよいよアデリーをたくさん見ることができそうです!たくさん見られるといいなぁ!(クルーズ船で足元を消毒する)

たくさん見られるといいなぁ!(ゾディアックボートに乗り込む)

たくさん見られるといいなぁ!(ボートで島に近づく)

たくさん見

 

 

あの岩肌にある点々、ぜんぶペンギンじゃね?

数十万羽のアデリーペンギン

あーっはっはっはっはっは(乾いた笑い)!

 

いくらなんでも多すぎだろ。

 

なにこの量!?見渡す限りアデリーペンギン!大気中に響き渡るアデリーペンギンの鳴き声!

足元が!平地が!山肌が!ぜーんぶアデリーペンギン!「いままで見られなかった分、アデリー特盛サービスしときました☆」という勢いのアデリー!アデリー!アデリーすぎてゲシュタルトアデリー崩壊しそうなアデリー!アデリー―――――!

 

添乗員「この島には、70万羽のアデリーペンギンがいるそうです」

 

政令指定都市かよ。ちょっとした勢力だよ。

 

そして、ここにして思い知らされる。

 

臭いとは、

臭いの強さ × 個体数であることを。

 

 

今世紀最大級のペンギン臭が俺を襲う

呼吸困難になるほどの臭さが世界を覆う

 

 

クルーズ船で近くに寄った時点で、もう臭い、きてたね。

上陸してからも定期的にむせてたね。臭いで。

ペンギン臭にも慣れたはずの最終日に、こんな洗礼を食らわせられるとは……。つくづくこの旅は油断できねぇぜ……!

ここのアデリーペンギン、個体によって羽毛の生え変わり方が違っていて、頭頂部にのみ毛が残っているモヒカンみたいなペンギンもいたり。うん!やっぱりペンギンって、臭くても可愛い!可愛ゴフッゴフッ(むせる)

かろうじて歩けるスペースをたどり、丘の裏側に行くと、

いやいやいやいや。

ヒッチコックの作品かと。

裏面までびっしりアデリー。もはや「凄ぇ」を通り越して「怖ぇ……」ってなってる。

 

別のガイド「この島には、120万羽のペンギンがいますね」

 

おい倍になったぞ。百万都市を超えたぞ。カウント適当すぎるだろ。

ちなみにアデリーペンギン、これほどの個体がいながら、鳴き声を聞き分けることで、餌を捕りに行った親は間違えることなく自分の子を見つけられるそうです。すごいな。ウォーリーよりも探せないよ、この島。

 

そして、ポーレット島での目標!

よりもいであった、「ペンギンに囲まれる報瀬」を撮影しようではありませんか!

「宇宙よりも遠い場所」STAGE13

 

このシーンで囲んでいるペンギンはアデリーペンギン!この足の踏み場もないほどアデリーまみれのこの島なら、それっぽい写真が撮れるはずです!

えいっ☆

うん、あの時の報瀬の気持ち、すごくわかるよ。「臭い!可愛い!でも臭い!」だね!こうやって撮影してるときでも、どんどんペンギンが寄ってくるね!臭い!可愛い!臭オゥエエエェ(えづく)

 

たっぷりとアデリーを堪能し、アデリー成分を過剰摂取した我々は、大満足でクルーズ船に戻ったのでした。

 

最後に、ガイドさんから訂正が。

ガイド「すいません!さきほど120万羽と申しましたが、50万羽だそうです」

もう何羽でもいいよ。

 

その37へ続く。

 

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

南極圏4日目も終わり、いよいよ残すはあと1日。

ここで、10日間にわたる南極クルーズ船生活を支えてくれた、クルーのみんなを紹介するぜ!

いろいろなスタッフ

今回乗船したル・ボレアル号には、我々乗客の他に、さまざまな職種のクルーが乗船していました。

船長を筆頭に、機関長・副船長といった操舵系のクルー。南極の探検を支援するエクスペディションチーム。さらに、ラグジュアリー感を支えるクルーがいるのがクルーズ船の面白いところ。

船内エステのエステティシャンに、撮影担当のフォトグラファー、シェフ、歌手にダンサー、そして美容師まで。この船、船内に美容室があるんですよ。ちょっと切ってみたかった!ペンギンカットとかしてほしかった!ペンギンカット?

余談ですが、船外デッキの物陰で、レストランクルーの男性とエステティシャンの女性が昼間っからイチャついているのを見たときは、あー今この船大きく傾かねぇかなーと思ったものです。長い航行生活だもんな!そういう人間関係、あるんだろうな!!

面白すぎるレストランクルー

そんなさまざまなクルーのなかで、一番接する機会があったのが、レストランのスタッフの皆様。

朝昼晩の3食、毎日対応してくれたのですから、そりゃ自然に距離も近くなるってもんですよ。

スタッフの皆さんも、当初は日本語が分からなかったのが、

「アカワイン?シロワイン」

といった言葉を学習し、最終的には

「コノオサラ、オサゲシテヨロシイデスカ?」

まで到達してました。学習能力すごいな!私なんて、何度「ビア!」って注文しても通じなかったのに。5回ぐらい聞き返されるのに。最終的には「ハイネケン!」って銘柄で言ってたのに。(それでも2回ぐらいは聞き返された)

そんな生活を続けていると、レストランスタッフの間で、私が

「あいつ酒好きだな」

と認識されたようなんです。バカな……!一言もそんなこと言ってないのに、なぜバレてしまったんだ……?!名探偵でもいるのか……!?(ゴクゴク)(シャンパン)(午前7時)

ではここで、そんなレストランスタッフの中でも、いちばんお世話になった方をご紹介しましょう!

インドネシア出身のGEDEさんです!

この方、本当に愉快な方でね。こちらの顔を覚えてくれたみたいで、以降、オーダーも何も聞かずに、いきなりワインを注がれるようになりました

うそでしょ……!?どうして私のオーダーがわかったの……!?まだ何も言ってないのに……!心が……読まれてる……!?(グビグビ)(ぷはー)(午前11時)

で、飲むじゃないですか。

すぐおかわりを注いでくれる。

わーありがたいなー!こんなサービスなかなかないよ!(グビグビ)

黙っておかわりを注いでくれる。

(グビグビ)

すぐおかわりを注いでくれる。

おいだんだん水位あがってんぞ

 

「あいつにいちいち注ぐの面倒だから、グラスのギリまでいっとけ

みたいな姿勢が垣間見えて最高だね!

そうはいっても長丁場の旅。さすがに飲み疲れるわけですよ。今日はさすがにお酒控えようかなー、とコーヒーを飲んでいたわけです。それをGEDEさんに見られて、

(゚Д゚) < Coffee!?!?
(意訳:お前なにコーヒーなんて飲んでるの!?)

いやいやいや、さすがに飲み疲れたから!ちょっと休まな

(つд⊂)ゴシゴシ

( ・_・)

(゚Д゚) < Coffee!?!?
(意訳:お前みたいな酒クズがなんでコーヒーなんか飲んでるの!?酒を飲めよ!!

いやぜったい見えてるし。てかあんた、わざわざ2度見してたし。

ちなみに日本では指を横にして目をこするけど、インドネシアでは手のひらを縦にして目をこするんだね!どうでもいいわ!

最終的にはGEDEちゃん(ちゃん付け)の大ファンになってしまいましてね。船長との記念撮影はしなかったけど、GEDEちゃんとは一緒に撮ってもらいましたからね。

「GEDEさんの写真、ブログに載せていい?」

って聞いたら

「 (○´ω`○) いや~日本で有名人になっちゃうな~」

って言ってたので、みなさんもクルーズ旅行で見かけたら存分にかまってあげてください。本当に楽しかった!彼がまた船にいるなら、それ目的でクルーズ旅行に行きたくなるぐらいに!大感謝!

本当にステキな方々ばかりでした!

 

その36へ続く。

  

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

南極圏4日目の午後は、RPGに出てきそうな名前の島「ハーフムーン島」に上陸です!この名称と形状、ゼルダだったら重要アイテムがある。あと中ボスもいる。きっといる。

南極圏4日目 午後 ハーフムーン島

ハーフムーン島(Half Moon Island)

長さ2kmの三日月形の島。1821年頃からアザラシ漁師の間で知られている島で、南西にはアルゼンチンのカマラ基地がある。朽ち果てた船の残骸と、ヒゲペンギンの営巣地がある島。

地図のとおり、半月のような島となっております。余談ですが、ハーフムーン島、ストリートビューが見られますよ!極地に文明が持ち込まれている!

 ゆるやかに湾曲している感じ、伝わりますでしょうか。

 

ハーフムーン等にはアゴヒゲペンギン、オットセイ、アザラシなどが生息しています。

まずはアゴヒゲペンギン!文字通り、あごに髭っぽいラインが入っているペンギンです。こんなにたくさんのアゴヒゲペンギンを見たのは、最初に上陸したアイチョー島以来でしょうか。

 

歴史的遺物である船の残骸も、ヒゲペンギンには関係ない模様。

 

ヒゲペンギンも腹ばいで寝転んでます。

 

ちなみに今回の南極ツアーで見られるペンギンは3種類。

「 (`・ω・´) キリッ」という顔をしたジェンツーペンギン。ハーフムーン島にもいました。

今回たくさんいた、どことなく中年の哀愁漂うアゴヒゲペンギン。

そして、「瞳孔開いてる?」って顔をしたアデリーペンギンです。これは以前上陸した島で撮影したもの。

ジェンツーとアゴヒゲはけっこう目撃しているのですが、アデリーペンギンだけは、別の種のコロニーに迷い込んだらしい数匹しかまだ目撃していません。

明日の最終日、アデリーペンギン見られるといいなぁ!たくさん見られるといいなぁ!(※壮大な前フリです)

 

そして、貫禄のナンキョクアザラシと、ミナミオットセイ。割と気軽な感じで、海岸にぽとぽと落ちてます。

何度聞いても、アザラシとオットセイの違いが覚えられなかったから、以下の写真はそのどっちかだ!どちらかなのかはわからん!

 

ちなみに私、南極に来たら、よりもいOPのこのシーンを再現してやろうと、心に決めていたのですよ!OP再現シリーズ!

 

ついにこの瞬間がやってきました!横になって写真撮影!

まぁ石が痛ぇのなんのって

しかし、私が寝転がって写真撮影をしたところ、ほかのツアー参加者もみな寝転がって撮影するようになったので、よりもいから始まる南極撮影のムーブメントを作ってしまったかもしれません。すげぇ痛いけど。軽く罪を自白しちゃうぐらい痛いけど。

 

遠くに、アルゼンチンのカラマ基地も見えました。

 

そんなこんなで、南極4日目も無事終了!

いよいよ残りは1日!そしてこのレポートも残りわずかです!終わっちゃう!!!南極が終わっちゃう!!!

 

その35へ続く。