料理

急にチャーシューが作りたくなりました。

ふふ、男の子って、そういうところ、あるよね。(上目遣い)

 

さっそくレシピを確認し、材料リストをメモして、近所のスーパーへ。

この豚野郎め!!と罵りながら豚肩ロースブロックをカゴに入れ、長ネギを入れ、と順調に材料をチョイスしていたワタナベさん。

ところが材料リストに、とある文言を見つけ、刹那!動きが!止まる!

 

八角

 

八角って、何かね?(北の国からの菅原文太顔)

 

いや、正直言って、八角がどういうものかは知っている。中華料理に使われがちな、香りがいい、なんか、そんな感じの材料なんでしょ?私が何も知らない、うぶな少女だって思わないでよねっ!

私が知りたいのは、八角とは、野菜なのか?香辛料なのか?それとも生物なのか?

これがわからないと、スーパーで探しようがない。

八角という名のとおり、「星型をしている」ということは知っている。しかしそれは、オクラみたいな星型の野菜を輪切りしたものなのか、それともそのままの形で「生えて」いるのか。もしかしたら……海岸の岩に張り付いた、貝みたいな生物の可能性もあるぞ……。

 

しかし、私も歳を重ね、あるスキルを見つけています。

「知らないことは恥も外聞もなく店員さんに聞け」スキルであります!

さっそく近くにいた、初老の店員さんに聞いてやりましたよ。流暢な日本語でね。

 

ワタナベ「あ、あのっ、は、八角って、どこにありますか?」

店員A「八角!あー、たぶん野菜コーナーだと思うんだけど、ちょっと待ってくださいね……」 

 

他の店員を探しに行く店員A。ついていく私。

 

店員A「あの、八角ってどこにあります?」

店員B「ア、スイマセン、私解ラナイデス」

店員A「あーそうですか、困ったなー、まいったなー……」

ワタナベ「あ、なんかすいません、もう大丈夫です、自分で探します……

 

結局、八角がなにかわからぬまま、帰宅しましたとさ。

つまり、今日の日想は何が言いたいかというと、

 

八角を

知らないことが

発覚

しちゃった

なー

 

 

 

 

 

八角って、何かね?(ダメ押しの菅原文太顔)

料理

Q:

「タンパク質の肉熱変性」

「高温加圧による豚の角煮の物性」

これ、なーんの話だ?

 

豚の角煮です(タイトルに書いてる)

 

というわけで、豚の角煮を柔らかくしよう会のみなさんこんにちは。今日もラードまみれにしてやるぜ!!

柔らかい肉を求めるなら、まずは肉の特性を知らねば!ということで、熱+肉の情報を集めています。読んで見ると料理の意図が理解できる。

・豚バラをフライパンで焼く → 収縮による肉汁の流出を防ぐ

・キッチンペーパーで落し蓋 → 乾燥による肉の硬化を防ぐ

なるほどなるるほど。料理は科学やで……

 

ってことで論文を読んでみたんですが、個人的に論文で面白かったのが、

 

 

「試料の断面図」

ということでまた明日!「明日」って漢字、豚バラブロックの断面図に見えるよね!

料理

お父さんの仕事は、かくにごと、でした

「かくにごと」って何ですか

 

皆様から角煮レシピが届きまくっております。もはや攻略ルートは多岐に渡りすぎて、レシピの大乱闘スマッシュブラザーズ始まってます。

まったく普段は何も連絡してくれないのに!!角煮になった途端、すぐこれなんだから!!私と角煮、どっちが大事なのよ!!!(豚角煮をぶつけ合う)(からしが目に入る)

家庭を支えるお父さんお母さんから、料理雑誌の編集者さんまで、幅広くご支援いただいている今日この頃です。

というより、ろじぱらってそんなマトモな人も観てるサイトだったの?「柔らかいしか能のない豚野郎め!」って女王様によく褒められます、という人とか、野菜を性技にしか使えない人とか、クッキングって響きがいいですよね、とか、そういう人しか観てないサイトでしょ!このサイトは!

 

最近は、科学的アプローチから角煮を攻めていますよ。タンパク質や浸透圧やらコラーゲンといった言葉が飛び交う文献を読んでいます。私の知ってる料理となんか違う。がんばります。