料理

お父さんの仕事は、かくにごと、でした

「かくにごと」って何ですか

 

皆様から角煮レシピが届きまくっております。もはや攻略ルートは多岐に渡りすぎて、レシピの大乱闘スマッシュブラザーズ始まってます。

まったく普段は何も連絡してくれないのに!!角煮になった途端、すぐこれなんだから!!私と角煮、どっちが大事なのよ!!!(豚角煮をぶつけ合う)(からしが目に入る)

家庭を支えるお父さんお母さんから、料理雑誌の編集者さんまで、幅広くご支援いただいている今日この頃です。

というより、ろじぱらってそんなマトモな人も観てるサイトだったの?「柔らかいしか能のない豚野郎め!」って女王様によく褒められます、という人とか、野菜を性技にしか使えない人とか、クッキングって響きがいいですよね、とか、そういう人しか観てないサイトでしょ!このサイトは!

 

最近は、科学的アプローチから角煮を攻めていますよ。タンパク質や浸透圧やらコラーゲンといった言葉が飛び交う文献を読んでいます。私の知ってる料理となんか違う。がんばります。

料理

夕飯の買い出しに、スーパーに行きました。

「今日の晩ごはんは弁当にしようかな、あとヨーグルトも買わないt」

 

 

 

 

豚バラブロックが値引きされてました。

 

 

 

買いました。

  

 

~Fin.~

 

 

料理

週末の過ごし方?豚を煮たよ。

ろじぱらワタナベ(1976~)

いよいよ豚の角煮をこじらせている。

どうやったら美味しい角煮が作れるのか?と試行錯誤する日々を過ごす中で、私にとって、豚の角煮は「料理」から「攻略すべき相手」に変わりつつあるのです。

世間に数多ある攻略サイト(角煮レシピ)を眺めているうちに、まずはこれを整理し、どういう攻略ルートが存在するのかを図示化してみよう、と思い至ったわけです。

 

自由度が高すぎる。

 

これだけやらないと、攻略できない豚の角煮……。おそらく美少女ゲームであれば、ラスト近くでしか落とせないキャラだろう。相当に面倒な性格してる。初心者には荷が重い。

しかし、退くことはできない。すでに私は高額な「電気圧力鍋」という神器を入手してしまったのだ。少し心が弱ると「セブンプレミアムの『金の豚角煮』、美味しいよね。それで良かったんじゃ?」という悪魔の声が聞こえてくる。(゚Д゚)邪念よ去れ!!!俺は来月のクレジットカード請求書を笑って開くのだ!請求書を握りしめて泣き崩れるわけにはいかない!

 

攻略ルートを俯瞰してみると、「前処理をするかしないか」で大きく分類されているようだ。また加熱方法として、Pルート(鍋)、PCルート(圧力鍋)、Mルート(電子レンジ)が存在する。

また臭み消しを前処理・本処理のどちらで入れるのか、臭み消しは何を入れるのか、というバリエーションもある。さらにコーラ、米ぬか、舞茸、といったオプションも確認されており、多種多様にもほどがある。この美少女キャラほんと面倒くさい。

ちなみに従属変数として、「大根を入れるか」「半熟卵を入れるか」という問題もあるが、肉そのものの調理からは外れるので、今回は対象外としている。

 

この複数のルートのうち、どのルートが最適か?は、求める角煮像によって異なるであろう。最低限の手間・最短時間で作りたい角煮と、手数が増えても美味しく作りたい角煮、では辿るべきルートが違って当然である。

問おう。あなたが私の豚角煮か?(サーヴァント顔)(片手には豚バラブロック)

ちなみに、パナソニックの電気圧力鍋に添付しているレシピブックの角煮は、前処理なしのルートが掲載されている。

 

ただ個人的には、前処理はやったほうがいい感じはある。冷えたときの脂の浮き具合などを考えると、ひと手間かかるとしても、前処理はルートに加えるべきでは……?これがこの攻略ルートのポイントなのでは……?

という感じで、しばらく角煮と向き合ってみます。ちなみに、角煮を作りすぎて、正直飽きつつある。だけど負けない!!なぜなら電気圧力鍋買っちゃったから!!!