日記

 

このお寿司(一貫)の値段を見てほしい

 

 

日記

 

いま、新年号発表とかけたエイプリルフールネタを仕込んでいる企業の人に、幸あらんことを―――。

 

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

諸君らに問おう。

 

「南極」とは何か?

 

  

南極とは?

「南極」「南極圏」については、実はさまざまな定義・考え方が存在します。Wikipedia様の記載を見ても、

・夏に白夜になる高緯度地域。南緯66度33分より南。

・南極大陸と南極海をおおまかに指す。

・南極大陸を取り巻くように流れる南極海流の北限である南極収束線以南。

・南極条約では、南緯60度以南。

Wikipedia「南極圏」

…と、いろんな解釈があるわけです。

 

実際、クルーズ船がドレーク海峡を通過している最中、船内放送が入りました。

放送:「南極にはさまざまな定義があります。その定義の中の一つ、『南極収束線』を、本船はただいま通過しました」

南極収束線は、冷たい南極の海水のうち偏西風によって北向きに輸送される海水と亜南極の比較的暖かい海水が出会って混ざる所(潮境)である。

Wikipedia「南極収束線」

 

そうです!

2019年1月28日、17時40分!

ついに我々は、南極収束線を通過したのです!!!

 

 

 

あっハイ

 

特に感動はないわけです。「南極収束線……うん、そういうのもあるのね、うん」ぐらいの印象しかない。

このように、BLのカップリングでも解釈違いで戦争が起きかねない昨今。「問おう。お前の南極とは何だ?」という質問は、あなたが私のマスターかどうかと同じぐらい重要な問いかけになります。

何をもって「南極に来た」と実感するかは、人それぞれですが、かくいうワタナベは、何をもって南極を実感したか。

 

氷山でした。

 

「よりもい」と氷山

よりもい」でも、最初の氷山に遭遇するシーンが描かれています。

宇宙よりも遠い場所 STAGE8

 

ドレーク海峡の洗礼を乗り越え、本当の意味で「船に乗れた」4人を出迎える、最初の氷山。

 

宇宙よりも遠い場所 STAGE8

 

「そのとき確信した!この氷の向こうに、本当に南極があるんだ!」と実感するキマリたち。BGMに流れる「One Step」。

この時点を境に「日常とは別の世界…南極に入る」ことが明示される、とても印象深いシーンでもあります。

私もこの場面は鮮明に覚えており、「きっと氷山を見たら感動するんだろうなぁ、南極を実感するんだろうなぁ」と思っておりました。

そんな私が、ようやく最初の氷山に遭遇します。

 

第一氷山発見!

船内放送「みなさんご注目ください。本船の前方に、氷山が見えました。本クルーズで最初の氷山となります」

やった!ついに氷山が来たー!(≧▽≦)

慌ててベランダに出ると、前方、曇り空の下、吹雪の向こう側に、

おおおおお

おおおおおおおおお

おおおおおおおおおおお!

すげー!!なんだこれ?!すさまじい非現実感!異世界から迷い込んだような存在感!すごーい!すごーい!!

IQが3になって「すごい」しか言えなくなった「なんきょくちほー」の我々に気を利かせて、船は氷山の周りをゆっくり一周します。さすがクルーズ船、こういう粋な計らいも見せてくれる!

 

圧巻。

海面からの高さ105m。見たことのない異質で巨大な物体が、大海原のなか、ぽつんと海面に浮かんでいるのです。そして、聞いたとおりの青さ!氷山ってこんなに青いのか!すごーい!!すごーい!!! すごーい!!!!!

 

日常では決して見ることのない景色を目にして、興奮とともに私は、このとき、やっと、実感したのです!

 

 

南極圏に入ったぞー!!!(≧▽≦)

 

 

その16へ続く。