日記

一週間ほど前、帯状疱疹になりました。

「帯状疱疹」という文字面だけ見ると、まるで治療方法のない難病奇病、1時間後にはゾンビ化するようなイメージを持たれるかもしれまんが、早期に薬飲んでればわりと治る病気です。

半身に赤い発疹が出た瞬間、「秒速で1億円稼ぐ」と同じスピードで「秒速で医者に行く」ことでお馴染みのワタナベ、すぐ皮膚科に飛び込み、秒で「帯状疱疹だね」と診断され、即・薬をもらいました。

おかげで回復しまして、発疹も治まり、カサブタになりつつあります。

といいつつ、まだまだ発疹跡はあり、ただでさえ見苦しいワガママボディがさらに人前に晒せない状態になってます。このままじゃ、グラビア撮影に挑めない。監督に怒られちゃう。

……などと思いつつ、風呂上がりにカサブタをこすったら、

ペロン

とキレイに向けて、下から新しい肌が出てきて、

 

 

(゚Д゚)きっもちいいーーーーーーーーー!!

 

 

この「かさぶたペロン感」がたまらなく気持ちいいんですけど、他の人に自慢できないんですよね。ちょっと汚いし。カサブタだし。ワガママボディだし。でも、世の中にそういうフェチの人、居ますよね。鼻の角栓とか。毛抜きの毛根とか。ワガママボディとか。

だから、今日の更新でみなさんに自慢したわけです!写真を載せなかったことに安堵するがいいさ!(私のワガママボディ・裸を)

日記

お土産に、入浴剤をもらいました。

これが立派な口広ビンに入っていて、明らかに高級感が漂ってます。

まったく……この私のランクに合わせた高級品を見繕ってくれるだなんて……見る目があるじゃないか……。

(心の中で着ている)バスローブを脱ぎ捨て、(妄想の中では大浴場の)湯船に、入浴剤を、ひとさじ、ふたさじ、みさじ。

かき混ぜて入ってみます。

 

全然溶けねぇ

 

溶けにくいどころか、完全にダマになってます。どういうことだよ。なんか見た目、ウサギのフンみたいだよ。

かき混ぜたり揉みほぐしたりしても、ぜんぜん溶けない。とけない。私と同僚かってぐらい打ちとけない。

諦めて、湯船の栓を抜き、シャワーで身体を流し、ふとビンを見たら

 

「泥パック」

 

固まる私の横で、ゆっくりと泥で詰まっていく排水溝――――。

日記

予定通り台風が来て、予定通り電車が止まった朝。

私は予定通り、会社を堂々と遅刻する権利を得た。

……というわけで、普段は8:30ぐらいに自宅最寄り駅に向かうんですが、今日は一時間ほどパンツ一枚でブラブラ(not 股間的な意味で)して、9:30ごろに駅に着きました。

駅前を見た瞬間、思ったね。「俺のLVじゃまだ早いな」って。

タッチ&ゴーのように自宅へ戻り、パンツ一枚になり、ブラブラ(今度は股間的な意味で)したわけです。

11時を過ぎ、ダメ押しで昼食まで摂り、悠々たる気持ちで改札をくぐり、電車に乗りました。

 

zipかな?ってぐらいの圧縮率

お昼のカレーが出てくるかという圧迫率

 

数駅で降りました。ビールをヤケ飲みしなかっただけ偉い!よく頑張った私!(会社は大遅刻しました)