日記

モロ「黙れ小僧!!お前にあの異動する者が救えるか!?送別会で一人一人からお礼を言われる流れになったけど、あんまり活躍していないし仲良くもないから、みんな絞り出すように苦労してエピソードとお礼を言っているのを、ずーっと引きつり笑いで聞いているあの者が救えるのか!?!?」

 

 

日記

パンツ一丁

日記

先日もお伝えしましたが、44歳にして「たんこぶ」を作りました。

それが地味に痛い。

 

作った経緯が、「酔って店から出ようとして、ガラスの壁に気付かず頭を激打、店内全員が振り返るぐらいの轟音を響かせる」という、とてもハートフルで成熟したエピソードなんですが、それで出来たのが「たんこぶ」。

 

昨今、ドラえもんでしか見ないぞ。たんこぶ。

 

しかし、「たんこぶ」って、オッサンが名乗ってもいいものなのだろうか。オッサンが所有権を主張していいものなのだろうか。――そういう疑問が出てくるわけです。

大人になると「それはニキビじゃなくて吹き出物」という、日本語の教科書にも載っているテンプレートな会話を耳にします。つまりニキビは若者のモノであり、オッサンが「思われニキビ、できちゃった(はあと)」と言ってはいけない。いろんな意味でいけない。

 

それでいうと、「たんこぶ」も、どう考えても若者向けの言葉だよな……。

じゃあ、「たんこぶ」って、正式名称は何なんだ?

……そう思って検索したところ、

 

 

「皮下血腫」

 

 

……なんとなく痛みが増した気がするので、今日はこのあたりで。そろそろ近所に住んでる巨乳のお姉さんが「あらあら、痛かったでちゅねー?」って慰めに来てくれるはずなので。えーん!痛いよー!!!(44歳)