日記

急に思ったんですけど、人生の窮地に陥ったときに役立つマニュアルって作れませねかね。

・家賃を払えず、家を追い出されたとき

・職を失ったとき

・夫(嫁)が病気になったとき

こういうときに、どういう公的補助やどういう公的機関があるのか、どういう手順で申請すればいいのか、支援を求めればいいのか、という手順を専門家がちゃんと作ったマニュアルがあったら、役立ちそうじゃないですか?

他にも、

・母親にエロ本が見つかったとき

・会社の同僚に露出癖がバレたとき

みたいなマニュアルもあるのね。で、そういうマニュアルにはひと言、

 

「大丈夫、なんとかなる」

 

とだけ書いてあるの。

「あらあら、あの人ったら、これしか書いてないの」

「うふふ、なんだか気が抜けちゃった」

「そうね、なんだか私、頑張れそうな気がしてきたわ」

「あんたら誰ですか」

 

日記

いろいろ投資のことを語っているせいか、

「資産運用したいんですけど、いい方法ないですか?」

と相談を受けることがあります。

 

「私に相談している時点でアンタ、負けてるよ」と言いたい気持ちをぐっとこらえ、ダンディな声でこう語るよね。

「俺に投資しな。2倍になるかもよ?」 

 

 

スベるよね。

 

 

その後、「それはさておき順当にいくならパッシブ系インデックスファンドかっとけ、全世界に分散できるのもあるからね」と真面目なアドバイスをするんですが、最初のスベりのせいか、誰も聞いてくれないよね。

 

日記

もう令和だから、おじいちゃんの定番の流れにも未来感が求められてる。

 

「おじいちゃん!そのソーダストリームのボトルには、もう炭酸を入れたでしょ!!」

「そ、そうじゃったかのう(ピッ)(シュゴオオオオ)(ゴバブブブブブブブブ)<炭酸爆発」

 

みたいな。ていうか、さっきやった。