日記

某所に設置されていたマッサージチェアーが無料だったので、こりゃ使わないのはもったいないと、座ってスイッチON!

 

頚椎を粉砕される強さの首揉みをされました

 

「痛い痛い痛い!」と逃げようとしたのですが、首と同じぐらい足を揉まれて、むしろロックされて、逃げ場がなく、リモコンを連打して止めるという体たらく。へへ……どうやら俺にはこのじゃじゃ馬を乗りこなせないようだぜ……。(次の人にリモコンを託す)

 

そこで思ったんですけど、マッサージチェアにも裏コマンドがあるんですかね?

・「強」を10回連打すると、頚椎粉砕どころか首をねじ切る強さになる

とか、

・←↓→+Pで裏マッサージモードになる

とか!裏マッサージメニューってあるんでしょ?!常連さんだけ使えるコースがあるんでしょ!?新小岩あたりに!新小岩あたりに!!

日記

 

なぜタグが「ピエール瀧」なのか。

 

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

空港から港に向かう前に、行くぜ!!ウシュアイア観光!!

 

 

先住民が「湾の終わり」という意味で呼んだウシュアイアは、世界最南端の都市です。聞くところによると、町・村レベルならば、チリ側にもっと南の居住地があるのですが、都市レベルだとここが最南端だとか。

「都市の定義、とは?」

と、七面倒臭いことを考えそうになりますが、まあいいじゃない!こういうのって言ったもん勝ちだし!「日本のへそ」が6箇所あるのと同じでしょ!?(※たぶん違います)

 

ティエラ・デル・フエゴ国立公園

チリとアルゼンチン、両国にまたがる雄大な国立公園。

チケットを買って入場!

景色がとても良い!!

ティエラ・デル・フエゴを360°動画で見ると、こんな感じです。

 

世界の果ての郵便局

公園近くには、世界最南端の郵便局がありました。日本へ手紙を送れます。スタンプも押せますよ!お土産も売っていました。

ブエノスアイレスまで3,040km、南極点まで3,945km!これは高ぶる!!

世界の果ての郵便局、の360°動画!

 

世界の果ての鉄道(南フエゴ鉄道)

かつて囚人が切った木を、街へ運搬するため建設された鉄道。世界最南端の駅です。駅舎の中にはお土産屋もあります。

 

パン・アメリカンハイウェイの南の終点

はるか北、アラスカから延びるハイウェイの終点がここになります。

「アラスカまで17,848km」の記載がちょっとエモい!

 

ウシュアイア市内

ウシュアイアはかつての囚人の流刑地ということで、観光的にわりと囚人推しです。町中にちょくちょく囚人さんいらっしゃいます。ガイドのかわいい女性が、横縞の囚人服でふつーに案内しています。

ウシュアイアの看板

さあインスタ勢よ!ここで撮影だ!と言わんばかりの看板。

 

世界最南端の到達証明書(観光案内所)

観光案内所でパスポートを見せれば、世界最南端への証明書が無料でもらえますよ!名前を書いてくれます!

 

お土産屋(チョコレート屋)

ウシュアイア名物のひとつにチョコレートがあります。市内に何箇所かカフェ併設のチョコレート屋さんがあり、お土産を買うことができます。店名は忘れた!

 

高台

改装中のホテルがある高台です。市内を一望できます。

高台から見たウシュアイアの360°動画!

 

ほかにも「世界の果ての博物館」「カニが美味しいレストラン」などありましたが、時間的に回りきれませんでした!南極ツアーの拠点ともあって、冒険の始まりを予感させる高揚感に溢れた、素敵な町でしたよー!

 

……と、ひとしきりウシュアイアを観光したところで、いよいよ港へ。

 

 

我々を南極へと運んでくれるクルーズ船が見えてきました!

いよいよ乗船です!!

 

【おまけ】

我々が乗る船の前に、ナショナル・ジオグラフィックの船が停まってて、そっちでめちゃめちゃテンションが上がりました かっこいいー!( ゚Д゚)

 

 

その13へ続く。