日記

<金曜ロードショーとTwitterを見ながら>

  

カメラをとめるなで揉めるな

(上手いこと言った顔で)

 

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

ブエノスアイレスの夜はふけて、ホテルのレストランで夕食となりました。

ここで初めて、今回のツアー参加者が一堂に会することになります。南極ツアーも知らないことだらけですが、南極ツアー参加者もまた、ぜんぜん想像がつきません。周りにいないもの。南極にいった人。

今回は、私が見た南極ツアーの参加者像をお伝えいたします。

南極ツアー参加者ってどんな人?

年齢層

ツアー説明会の印象と同じように、世代的には60代~70代が多いように見えます。私の親の世代、といったところでしょうか。この中に混じったら、私なんてかなりの若輩者ですよ。

ご夫婦(と思われる)が多いですが、親子で参加されている方、姉妹で参加されている方も。

「もうねー、この歳になると、旦那と旅行なんて出来ないのよー!」

と言われたら、「アッハイ」と応えつつ遠い目になるよね!

 

意外だったのが、単独参加の人の多さ。感覚的には2割~3割は単独参加でした。

70代、もしかしたら80代の御婦人も単独参加されていて、尊敬と頼もしさがすごい。この御年になっても、杖を使いながら、一人で南極に冒険しようとする姿勢!私が同じ歳になったとき、果たしてそんなエネルギーはあるだろうか?見習いたい……!

単独参加の男性もけっこういましてね。この方はどういう背景があって、南極ツアーに参加したのか……。もしかしたら奥様に先立たれ、何か特別な想いがあって参加しているのかな……などと妄想していたんですが、

男性:「まあね、何が解らんてね、一番解らないのはヨメさんの心ですわ!ガハハハハハ!」

と言ってて「奥さんいるんですか」「その奥さんはどうしたんですか」「むしろ何があったんですか」みたいな疑問が!でもそういうの詮索するの良くない!良くないけど!気になる!!

逆に、20代中盤ぐらいの単独女子もいて、ほんと何があったのー!?どういう経緯で南極に行くのー?!おじさん気になるー!!(詮索はしてません)(アルゼンチンで逮捕されたくないため)

参加者の社交性

また、みなさん、ほんといい人ばかり。クルージング説明のときに聞いた

「こういうツアーに参加する人は、みんなちゃんとしている

を実感させられましたね!みなさん朗らか!社交的!私のような若輩者にも丁寧!無理だよー!おじさん平民だから、この雰囲気に馴染めないよー!!

横に座ったご夫婦に声をかけて頂いたんですけど、

旦那さん「1980年代に、ニューヨークに11年駐在していて、いろんなところに旅行したんですよ」

 

なるほど、バブル絶頂期の80年代に、あのニューヨークにおられたと。

 

 

それ、超エリートじゃないスか?

 

ナチュラルに語尾が卑屈になってるんスけど、それ、超優秀なジャパニーズ・サラリーマンじゃーん!エリートじゃーん!出世コース乗ってた人じゃーん!な、なんかアッシのようなヒラリーマンが同席してすいません、って表情が固まるわ!

で、奥様も当然のごとく気品があって、英語が堪能で、社交的なんですよ。完璧か!

奥様「お若いのに、二週間もお休み取るの、大変じゃなかったですか?もしかして、経営者の方ですか?

 

 

 

それではここで、僕のオリジナルソング、聞いてください。

「窓際だから仕事がないだけです」

 

旅行経験

そして、これも当然ながら、みなさん旅行に慣れてる。

クルージングに参加したことある方、手をあげてくださいーってアンケートに、9割5部の人が挙手するんですよ!皆さん、当たりまえのように経験者。むしろ、さまざまなクルージングを味わい尽くし、最終的に到達したのが南極、って雰囲気。

 

初めてで、来ちゃったなー。

 

Lv1で外に出たらドラゴンの巣窟でした、みたいな場違い感が半端ないわけです。「ここはまだ早いぜ、ボウヤ」ってカウンターでテキーラ飲んでる男に諭される場面ですよ。ミルク出されるよ。

だって、世界一周した人がゴロゴロいるんですよ!?「ナイル川のクルージングはどの業者が良いか」みたいな話を肴に無言で飲んでると、ほんとビールが進むね!!もう対抗できるのが酒量ぐらいしかないね!飲む!一杯$6のビールを飲む!

旦那さん「あの、だいぶ満足したので、私のビール、よろしければいかがですか?」

 

完敗ですわー!!(でもビールはもらう)

 

 

ちなみに、レストランだけでは満足せず、許可もらって部屋にワインを持って帰りました。$5でした。ウェイターがなみなみと注いでくれたのは、同情からではないと信じたい。

 

その11へ続く。

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

成田 → ロサンゼルス → ブエノスアイレス → ウシュアイア → 南極

 

「日本の人、聞こえますかー!!」(地面に向かって)

――みなさんお元気ですか?私ワタナベは、地球の裏側にあるブエノスアイレスに来ています。

長時間のフライト・運動不足・12時間の時差ボケといったダメージに、中年の脂・加齢臭といったトッピングも完璧。端的に言えば、「瀕死」です。

「よりもい」でも、経由地のシンガポールで楽しむ姿が描写されています。

宇宙よりも遠い場所 STAGE6

楽しそうですよね。

 

この差は何なのかと。

 

シンガポールとブエノスアイレス、同じ経由地だし8文字しか違わない。なのにあちらは青春キラキラ、こちらは脂ギラギラですよ。オクサレ様ですよ。千尋も我慢できずに逃げ出すレベルの。

そんなヘドロめいた私を乗せて、バスはブエノスアイレス市内観光に向かいます。

「経由地だし、観光といっても時間つぶし程度でしょ?」程度に考えていたのですが、これがかなりしっかりとした観光でした!行きと帰りで観光がありましたが、両方まとめてご紹介します!

 

 

レコレータ墓地

アルゼンチンの大統領や、エビータが眠る墓地。日本の墓地のイメージとは異なり、明るくて美しい。「世界で最も美しい墓地」の一つに数えられているそうです。


アテネオ書店 グランスプレンディッド劇場店

町中にある書店です。こちら、ただの本屋じゃありません。「世界で二番目に美しい本屋」として有名になった場所です。本屋なので、普通に本を売っています。劇場のステージはカフェになっていて飲み物が飲めるよ!ここは本当に美しかった!

ちなみに「世界で一番美しい本屋」は、オランダにあるそうですよ!

 

ボカ地区

船乗りが、余った船用塗料を家に塗ったことから、カラフルな町並みになったという地区。とてもアーティスティックです。

タンゴ発祥の地らしく、そこかしこでタンゴショーを見ることができます。ただ一緒に撮影してもらうときは要チップ。顔ハメでの撮影も要チップ。


メトロポリタン大聖堂

 有名な「サン・マルティン将軍」の棺がある聖堂です。さまざまな像やパイプオルガンがあり、とても荘厳な雰囲気が漂っています。

 

5月広場

アルゼンチンの大統領官邸もある広場。外壁がピンク色であることから、ホワイトハウスならぬ「ピンクハウス」と呼ばれているらしいですよ!

 

とにかくキレイな町並みで、「南米のパリ」の名は伊達じゃないな、と。あとこの国、美男美女が多すぎない?!空港のスタッフがすでに「モデル?」ってレベルだったわ!町中で靴を磨いてもらってるサラリーマンが、すさまじく格好良くてびっくりしたわ!なんか!入国して!ごめんなさい!!

南米ということで治安は良くはないらしく、その点は注意は必要ですが、とても素晴らしい街でしたよ!

 

 ……と一日観光したところで、ようやくホテルにチェックイン!長かった!ここで夕食&一泊です!

 

 

 

その10へ続く。