1up
←叩くと1upキノコが出てきます。 

日記

日高屋には人生が詰まっている。

 

吉野家、松屋、すき家の客層に比べて、日高屋には人生色の濃い客が多いと思っている。

老若男女、人生の濃淡にかかわらず、日高屋はすべてを受け入れてくれる。

そして私は、幸せを噛みしめるために日高屋へ向かう。

 

日高屋のカウンターブースに座り、注文タッチパッドを小気味よく操作していく。

今日の食事はW餃子定食に生ビール。

W餃子定食は、餃子12個にご飯とスープ、さらに唐揚げorキムチがついて600円台。

これに生ビールをつけても1000円でおつりがくる。

1000円でカバーできる幸せが駅前にある。

私を勇気づける幸せである。

 

届いたW餃子定食をビールで流し込んでいると、横のブースに一人の若い女性が座った。

日高屋で、若い女性に遭遇するとは珍しい。だが女性が食事に来ることぐらいはあるだろう。

だって、日高屋はすべてを受け入れてくれるから。

 

女性はタッチパネルを操作し、すぐに届いた生ビールを飲み始めた。

なるほど。女性でも、日高屋でビールを飲みたい夜があるのだろう。

仕事のストレス、交友関係のわずらわしさ。抱えている重荷は男女を問わない。

ブースを区切る半透明のアクリルが我々を隔てているが、同じ日高友(ヒダカメイト)として我々は仲間だ。

貴女の重荷が、少しでも生ビールに溶けてくれるように……そう願いつつ、心の中でグラスを合わせる。

 

女性は、ゆっくりと長い時間、ビールを味わっている。

私はW餃子定食をすっかり平らげ、ビールを飲み干した。

それでも女性はビールだけを飲んでいる。

 

 

え、注文したのビールだけ????

 

衝撃で酔いが覚める。貴女、そんなストロングスタイルの注文したの??

いや、私も定食屋でビールを注文したことはあるが、食事、もしくはツマミと一緒だ。

ビール単品で、ビールのみで、注文したことなんてないぞ…?

急に背筋が伸びるのを感じる。日高友なんて言っていたがとんでもない。むしろ私の先輩ではないか。

先輩、失礼しました……!

あんたカッコいいよ……!この私がマネできないことをやってのけたよ……!

 

女性、しばらーくビールを飲み、ふと何かに気づき、タッチパネルを操作し始めた。

すると、その後、W餃子定食が届いた。ただの注文し忘れだったね。