よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

南極の陸地

最果ての町・ウシュアイアを出港して1日半。

荒れ狂う(はずだったのに平穏だった)ドレーク海峡を進み、最初の氷山に遭遇しながら、南極へ向かって南下をし続けたクルーズ船。

ドレーク海峡をほぼ最短時間で突破した我々の目の前に、ようやく、ようやく、島影が見えてきました!!予定より半日も早い到着です!

 

夢にまで見た、南極の陸地だー!!!(≧▽≦)

 

ここがアイチョー島(バリエントス島)!

我々の南極初上陸地点になります!

 

初上陸祝いは賑やかに

最初の上陸ということで、クルーズ船内は軽いお祭り騒ぎ。初上陸時に、各々が自由に描いた紙を掲げ、記念写真を撮ってくれるというイベントがあるそうです。

いつもであれば、「はいはいインスタ勢インスタ勢」と斜に構えてしまうワタナベですが、今回ばかりはノリノリで参加ですよ!楽しげなことには全部乗っかっていかないとね!浮かれようぜ!!全力でな!!

 

白紙を前に、サインペンを握り、私自身の「南極への想い」を考えます。

 

まずは、ここまで旅する原動力となった、「よりもい」のことは書くべきでしょう。さらに、本人も忘れつつあるけど、この旅行はろじぱら20周年の区切りでもあります。

よし、ペンギンと、ろじぱらキノコを描こうじゃないか!

20年という年月を共に歩んできたろじぱらキノコ!それを南極で高らかに掲げようではないか! 

それこそが、私の南極に対する想いだ!!!!

ろじぱらキノコ
描こうとしたキノコ
描いた結果(悲しい現実)

 

20年見てるのに、絵の下手さがとんでもない

 

画伯が過ぎる絵を描き終え、いよいよ上陸開始です!

アイチョー島 上陸開始

防寒具であるパルカを着込み、GoPro7Insta360を体に取り付けます。ゾディアックボートに乗り降りする際、両手が空いている状態にしなければなりませんよ!

パルカを着込んだ様子

ロビーまで行き、そこで支給された長靴に履き替えます。

こんなプレートもあったので、記念撮影しておけばいいじゃない!

 

ゾディアックボートの乗船場に向かいます!

 

ゾディアックボート乗り降り時、一人ひとりが持っているカードのバーコードをスキャンします。おそらく船外にいる人を把握するためでしょうね!南極で置き去りにされたまま出港されたくないもんね!

 

前回の更新でも書いたように、消毒液のプールを歩き、靴底を消毒します。

 

そして、いよいよゾディアックボートに乗り込みます!さあ上陸地点へ出発です!ペンギン見られるといいな!何羽いるのかな!(※前振りです)

 

その18へ続く。

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

ウシュアイアからドレーク海峡を抜けて南極圏に突入し、いよいよ南極上陸が迫ってきました。

ここで大切な大切な、南極観光のルールをご説明しましょう。

 

南極上陸の説明会

南極クルーズでは、南極観光に必要なレクチャーが開催されます。これが実に厳格でして、このレクチャーを受講しないと南極に上陸できないほどです。

そう、南極という世界を守るためには、我々一人一人がルールに沿って活動する必要があるのです。その中のルールを、いくつかご紹介しましょう!

 

何も持ち込まない

南極の環境を保護するため、何物も持ち込んではいけません。ゴミを捨てるだなんてもっての外。トイレも船に戻ってしましょう!ツアー説明では

「トイレが不安だったら、大人用おむつをしておくのも手です」

という案内があったけど、別の意味で不安になるわ!まあそれぐらい気をつけましょう、ということです!

ゴミはもちろん、動植物や、種子も持ち込んではいけません。そのため、南極で着るアウターは、事前に掃除機をかけて、隙間に潜んでいるかもしれない種子を掃除します。マジックテープ部分が危ないみたいだよ!念入りに掃除しようね!

リュックを掃除しているシーン

また、上陸時は消毒液のプールを歩き、靴裏に付着しているかもしれない菌を殺菌するという念の入れよう。

靴底を消毒するシーン

さらにさらに、上陸時の服装として、 風で飛びやすいマスクはNGでした。首まわりは、風で飛びにくいネックウォーマーで守りましょう。また同様の理由で、ティッシュもNGです。ハンカチを使うよう指導されます。

 

何も持ち出さない

持ち込まないとともに、何も持ち出してはいけません。ペンギンなどの動物はもちろん、石や植物もNGです。

帰ってきてから、知人に

「ペンギン持って帰ってきた?」

と冗談で言われましたが、そういうことをすると信じられないぐらい怒られるからね!絶対にしちゃ駄目だからね!

何も持ち込まない・何も持ち出さない、を称して

「とっていいのは写真だけ、持ち帰っていいのは思い出だけ」

と言うそうです。よりもいでは、「唯一持ち帰っていいのは氷だけ」という発言がありますが、基本的には エクスペディションチーム(ガイド) の言うことに従うのが前提となります!

 

動物には近づかない

動物は、持って帰るどころか、近づくだけでもNGです。

ペンギンからは5m以上離れること、オットセイからは15m以上離れること……といろんなルールがあります。が、覚えきれるものでもないので、ガイドがあらかじめ歩行できるルートを設定してくれます。我々観光客は、その上を歩くようにすれば基本的には大丈夫です。

こちらからペンギンに近づくのは禁止ですが、向こうから近づいてくる分には仕方がない、そうです。その場合は立ち止まってペンギンが去るのを待つことになります。極力、動物に干渉しないことが求められている!!

宇宙よりも遠い場所 STAGE10

 

同時上陸数は100人以下

南極大陸には港がないので、ゾディアックというゴムボートで接岸・上陸します。

ちなみに南極では、1箇所で最大100人しか上陸できない、というルールがあります。したがって、南極クルーズ船は互いに連絡を取り合い、船同士で上陸地が重ならないように調整します。

一隻に100人以上の観光客がいる場合は、複数チームに分割し、Aチームが上陸している時間帯は、Bチームはゾディアックボートで湾岸を周遊、Cチームはクルーズ船で待機……というようにして、100人以上が上陸しないようにします。

ゆえに、参加人数が多い南極クルーズは、上陸回数や上陸時間が減ってしまうそうですよ!そのかわり、船が大きくなるためドレーク海峡の揺れが小さくなるそうです。痛し痒しだね!

このように、南極観光にはいろんなルールがありますが、貴重な自然を守るために必要なものです。しっかり守っていこうね!

 

……という感じのレクチャーを受けつつ船は航行し、ついに船から数日ぶりの大地が見えてきました!南極の大地です!!

いよいよ!

やっと!

上陸です!!(≧▽≦)

 

 

その17へ続く。

 

よりもい聖地巡礼(南極)

その1から読みたい方はこちら←

 

諸君らに問おう。

 

「南極」とは何か?

 

  

南極とは?

「南極」「南極圏」については、実はさまざまな定義・考え方が存在します。Wikipedia様の記載を見ても、

・夏に白夜になる高緯度地域。南緯66度33分より南。

・南極大陸と南極海をおおまかに指す。

・南極大陸を取り巻くように流れる南極海流の北限である南極収束線以南。

・南極条約では、南緯60度以南。

Wikipedia「南極圏」

…と、いろんな解釈があるわけです。

 

実際、クルーズ船がドレーク海峡を通過している最中、船内放送が入りました。

放送:「南極にはさまざまな定義があります。その定義の中の一つ、『南極収束線』を、本船はただいま通過しました」

南極収束線は、冷たい南極の海水のうち偏西風によって北向きに輸送される海水と亜南極の比較的暖かい海水が出会って混ざる所(潮境)である。

Wikipedia「南極収束線」

 

そうです!

2019年1月28日、17時40分!

ついに我々は、南極収束線を通過したのです!!!

 

 

 

あっハイ

 

特に感動はないわけです。「南極収束線……うん、そういうのもあるのね、うん」ぐらいの印象しかない。

このように、BLのカップリングでも解釈違いで戦争が起きかねない昨今。「問おう。お前の南極とは何だ?」という質問は、あなたが私のマスターかどうかと同じぐらい重要な問いかけになります。

何をもって「南極に来た」と実感するかは、人それぞれですが、かくいうワタナベは、何をもって南極を実感したか。

 

氷山でした。

 

「よりもい」と氷山

よりもい」でも、最初の氷山に遭遇するシーンが描かれています。

宇宙よりも遠い場所 STAGE8

 

ドレーク海峡の洗礼を乗り越え、本当の意味で「船に乗れた」4人を出迎える、最初の氷山。

 

宇宙よりも遠い場所 STAGE8

 

「そのとき確信した!この氷の向こうに、本当に南極があるんだ!」と実感するキマリたち。BGMに流れる「One Step」。

この時点を境に「日常とは別の世界…南極に入る」ことが明示される、とても印象深いシーンでもあります。

私もこの場面は鮮明に覚えており、「きっと氷山を見たら感動するんだろうなぁ、南極を実感するんだろうなぁ」と思っておりました。

そんな私が、ようやく最初の氷山に遭遇します。

 

第一氷山発見!

船内放送「みなさんご注目ください。本船の前方に、氷山が見えました。本クルーズで最初の氷山となります」

やった!ついに氷山が来たー!(≧▽≦)

慌ててベランダに出ると、前方、曇り空の下、吹雪の向こう側に、

おおおおお

おおおおおおおおお

おおおおおおおおおおお!

すげー!!なんだこれ?!すさまじい非現実感!異世界から迷い込んだような存在感!すごーい!すごーい!!

IQが3になって「すごい」しか言えなくなった「なんきょくちほー」の我々に気を利かせて、船は氷山の周りをゆっくり一周します。さすがクルーズ船、こういう粋な計らいも見せてくれる!

 

圧巻。

海面からの高さ105m。見たことのない異質で巨大な物体が、大海原のなか、ぽつんと海面に浮かんでいるのです。そして、聞いたとおりの青さ!氷山ってこんなに青いのか!すごーい!!すごーい!!! すごーい!!!!!

 

日常では決して見ることのない景色を目にして、興奮とともに私は、このとき、やっと、実感したのです!

 

 

南極圏に入ったぞー!!!(≧▽≦)

 

 

その16へ続く。