1up
←叩くと1upキノコが出てきます。 

マンガ

 

アウトドア、人気ですよね。

キャンプブームに並走するように、車中泊も流行っているようで。

雑誌でも「男の隠れ家「BE-PAL」で車中泊を扱ったり、ドラマ「絶メシロード」もテーマのひとつに車中泊がありました。

そんななか、車中泊を扱った漫画がこちら。

今夜は車内でおやすみなさい。

 

この漫画、2つのテーマがあると思ってるんですよ。

ひとつは車中泊。

もうひとつは、中年の悲哀。

 

主人公「シャーク小笠原」は売れない漫画家。本業は漫画家であると自負しているが、いまのところ売れるチャンスは見えないまま、工場でバイトしている。

だけど気づけばもうすぐ50歳。結婚もせず、休日にすることもなく、ただ時間だけが過ぎていく。

この先なにもなく、ただ歳をとって死んでいく。もう自分は終わった人間なのではないか――。

そう思うと耐えきれず、思わず車で飛び出す。

 

もう辛いわけです。

他人事とは思えないわ!!いたたまれないわ!!共感しまくりだわ!

……という出だしから、車中泊の楽しさに目覚めていく、という漫画なんです。

ただ、面白い。正直、面白い!

 

車中泊も、すぐに成功するわけではなく、最初は失敗ばかり。

女子高生がキャンプで失敗するのはあんなに微笑ましいのに、中年が車中泊で失敗すると何でこんなにみすぼらしいんだろう。

しかし、それでも「車中泊やってみたいなぁ」という気分にさせられるから不思議です。

 

もうひとつのテーマ、中年の悲哀、もいい味だしてるんですよ。

主人公のシャーク小笠原の悲哀はもちろん、家族がいるのに本当の居場所は別にある気がする編集者、日本一周をやめられないプロ、いろんな中年のいろんな人生が垣間見えて、これまた良いんですよ!

 

現在(2021年7月)は1~2巻まで出ていますが、3巻からは新展開も迎えそうな雰囲気!とても味のある漫画で、すごく楽しみです!面白かった!(≧▽≦)